すべてのページ一覧

新着順にこのサイトのすべての記事を表示しています。

  • ゴミムシ・オサムシ

    ミイデラゴミムシ〜100℃の高温ガスを噴射する

    ミイデラゴミムシは中型のゴミムシ。高温のガスを噴射することで有名。ヘッピリムシの異名。 100℃の高温ガスをお尻から噴射 お腹の中に、ヒ …

  • ゾウムシ

    クヌギシギゾウムシ

    特徴 シイシギゾウムシに似るが、本種はクヌギの葉で見られ、シイシギゾウムシはシイの葉で見られる。 また、触覚の節の長さで以下のように見分 …

  • テントウムシ

    オトヒメテントウ

    オトヒメテントウはクリの木などにいる1.5mm程度の微少なテントウムシ。 オトヒメテントウの写真 赤い斑が分かりやすいオトヒメテントウオ …

  • ゾウムシ

    タカハシトゲゾウムシの写真、特徴、生態

    タカハシトゲゾウムシは森林や山地に生息する日本固有種のゾウムシ。希少。 分類 コウチュウ目/ゾウムシ科 分布 本州、四国(高知)、九州。 …

  • オイカワ〜オスの婚姻色が美しい日本の淡水魚

    オスは繁殖期に体側が緑や青、オレンジに輝き美しい。 オイカワの分類 コイ目/コイ科 オイカワの別名 地域によってはハヤ、シラハエ、ハエ、 …

  • カミキリムシ

    ニセビロウドカミキリ

    ニセビロウドカミキリは体長11〜26mmのカミキリムシ。北海道から九州に分布。ウメ、ノリウツギ、クサギ、ヤマウルシなどを宿主植物とする。 …

  • カミキリムシ

    トガリシロオビサビカミキリ

    トガリシロオビサビカミキリはヤマフジやヌルデ、クリ、オニグルミなどの木に集まるフトカミキリ亜科のカミキリムシ。大きさは12~17mm。 …

  • カミキリムシ

    トゲヒゲトラカミキリ

    北海道から九州に分布する大きさ10mm前後と小型のカミキリムシ。クリやカエデの花に集まる。大きさは7〜12mm。すばやく動く。 トゲヒゲ …

  • カミキリムシ

    ビロウドカミキリ

    エノキなど広葉樹の朽ち木などで育つカミキリムシ。大きさは13〜24mm程度。北海道から九州まで分布。 ビロウドカミキリ ビロウドカミキリ …

  • オシドリ〜世界一美しいカモと称され、アメリカや欧州に移入された

    オシドリの分類 カモ目/カモ科/オシドリ属 オシドリの大きさ 全長、オスは46cm前後、メスは41cm前後 オシドリの分布 全国。 北海 …

  • カミキリムシ

    ヒゲナガカミキリ

    ヒゲナガカミキリは個体数の少ないカミキリムシ。 分類 分布 北海道、本州、四国、九州 体長 27〜48mm 特徴 オスは10センチと非常 …

  • コムクドリ

    コムクドリ (小椋鳥)はムクドリと一緒に行動することも多い渡り鳥。 分類 スズメ目/ムクドリ科 全長 19㎝ 特徴 オス:頭から喉にかけ …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ホソチビゴミムシ

    川原の石の下や水ぎわの砂地など、水が常に染み出している場所に生息するゴミムシ。水中にも平気で潜っていく様子を見ることがある。 春先、山梨 …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ドウイロミズギワゴミムシ

    河原の石の下の砂地に生息する5mmほどの小さなゴミムシ。 体色が銅色に輝くことからこの名が付いた。 最大の特徴は長方形のくぼんだ紋が上翅 …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ウスモンミズギワゴミムシ

    北海道から九州にかけて分布するゴミムシ。 湿った砂地や川原の石の下など水辺に暮らし、全国で一般的に見られる。 ウスモンミズギワゴミムシ …

  • ゴミムシ・オサムシ

    カワチゴミムシ

    河原の石の下にいるゴミムシ。昆虫の死骸などを食べる。 大きさ 10~15mm 分布 本州〜九州 カワチゴミムシの写真 カワチゴミムシ カ …

  • ハネカクシ

    キンボシハネカク

    黄模様が美しいハネカクシ。 大きさ 16〜20mm程度 特徴・生態 自分より小さな昆虫などを食べる。 体色や模様がトラカミキリを連想され …

  • 蝶(チョウ)

    メスグロヒョウモン

    メスグロヒョウモンはオスとメスで翅の模様がまったく異なるタテハチョウ科のチョウ。 ツマグロヒョウモンと名前の調子が似ているが、メスグロヒ …

  • アリ

    ヒメアリ〜お尻が黒い微少なアリ

    体長 1.5mm 分布 本州〜九州 特徴 体全体がみずみずしく光沢がある。とても小さなアリだが、お尻が黒いのでヒメアリと認めやすい。 生 …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ノグチアオゴミムシ

    ノグチアオゴミムシ ノグチアオゴミムシ ノグチアオゴミムシ 石に潜り込むノグチアオゴミムシ 石に潜り込むノグチアオゴミムシ ノグチアオゴ …

  • テントウムシ

    ムツボシテントウ

    ムツボシテントウ ムツボシテントウ ケヤキで見つかった小型のテントウムシ(上はムツボシテントウ) ケヤキで見つかった小型のテントウムシ( …

  • テントウムシ

    ヨツボシテントウ

    ヨツボシテントウ(黒色型)

  • 植物

    オナモミとは?オオオナモミとの違い・見分けも〜通称、ひっつき虫、バカ

    いわゆる「バカ」「ひっつき虫」「くっつき虫」として知られるキク科オナモミ属の植物。国内では主に4種分布する(オオオナモミ、オナモミ、イガ …

  • 植物

    オナモミ(俗称、ひっつき虫)がくっつく仕組み〜顕微鏡写真で解説

    通称、くっつき虫、またはバカ オナモミのトゲの先端がどうなっているか見れば一目瞭然! この顕微鏡写真を見れば一目瞭然 このかぎ爪が繊維に …

  • WEB図鑑

    かわいい野鳥ランキング〜日本の鳥はこんなにキュート(^^)

    勝手に『かわいい野鳥ランキング』。日本の野鳥はこんなに可愛い 5位 ミコアイサ〜通称、パンダガモ ミコアイサのオス(山梨県甲府市にて) …

  • 生き物のよみもの

    漂鳥(ひょうちょう)とは?「夏はここがいいけど、冬はあっち♪」

    漂鳥とは渡り(「シベリヤ⇔日本」、「フィリピン⇔日本」)はしないが、「山⇔平野」「東北⇔関西」などと国内を季節移動する鳥のこと。 実際に …

  • カミキリムシ

    ナカジロサビカミキリ

    ナカジロサビカミキリはコナラなどの広葉樹の朽ち木で見られるフトカミキリ亜科サビカミキリ属のカミキリムシ。 ナカジロサビカミキリ(画像提供 …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ハラアカモリヒラタゴミムシ

  • ゴミムシ・オサムシ

    キベリゴモクムシ

    オオキベリアオゴミムシやコキベリアオゴミムシと同じく、キベリ(黄色い縁)が見られるが、オオキベリアオゴミムシやコキベリアオゴミムシは前胸 …

  • キビタキ〜冬は東南アジアに渡る夏鳥

    キビタキの分類 スズメ目/ヒタキ科/ノビタキ亜科 キビタキの生態 日本全土に生息するが、冬は東南アジア(フィリピン)へ渡って越冬する夏鳥 …

  • 『アカハラ』という森の鳥〜特徴、生態、写真

    森林やその森から続く里山の林などで見られる。昔は茶鶫(チャジナイ)と呼ばれていた。 アカハラの分類 スズメ目/ツグミ科/ツグミ属 アカハ …

  • トラツグミ

    https://youtu.be/GPKhd6L5b_8 雪をかぶらない地面でエサを探す枝にとまるトラツグミ

  • コガモの写真、生態、特徴

    コガモのオス(奥)とメス(手間) コガモの群れ コガモの飛翔姿 氷の上のコガモ コガモ(オス) コガモ(メス)

  • カワウ・う(鵜)〜緑がかった目、鍵っ鼻なくちばしの美しい鳥

    よく見れば化粧が派手な鵜 翼も黒く縁取られている 集団で木に棲みついている カワウはくちばしの根元下部に赤い部分がある 狩りをするカワウ …

  • オオルリとルリビタキの青の違い〜同じアオでも別物

    オオルリの青は深くルリビタキの青は淡い オオルリルリビタキ

  • ミコアイサ

    通称、パンダガモ 通称、パンダガモ。ミコアイサのオスの体の配色がパンダに似ているため。 パンダがかわいい理由のひとつは「目の下側に黒い部 …

  • カミキリムシ

    ヤツボシハナカミキリ

    斑紋変異、すなわち背中の模様の変異が激しいカミキリ。 斑紋変異が激しいカミキリムシ 八星(やつぼし)完全斑紋タイプ、薄い斑紋タイプ、肩に …

  • 生き物のよみもの

    日本にいる白鳥、全種類〜コハクチョウ、オオハクチョウ、コブハクチョウの見分け方。区別は簡単♪

    日本に生息する野生の白鳥⇒オオハクチョウとコハクチョウ 公園などで見かけるこぶのある⇒コブハクチョウ(本来日本に生息していない外来種で、 …

  • ハシビロガモ

    ハシビロガモは日本には冬に越冬のため渡ってくるマガモ科の水鳥。カモ目カモ科マガモ属。 https://www.youtube.com/e …

  • コハクチョウ

    日本に冬にシベリアなどからやってくる野生のハクチョウ。川や湖の水草の茎や根、藻、水田の落ち穂などを食べる。草食。 https://www …

  • トンビ(トビ)

    トビ トビ。薄い! ワイヤーにとまるトビ タカの見分け方 タカの見分け、違い図解 毛繕いするトビ ワイヤーにとまるトビ

  • クマタカ

    クマタカ クマタカ クマタカ クマタカの剥製(南アルプス邑野鳥公園) クマタカの剥製(南アルプス邑野鳥公園)

  • カヤクグリ

    カヤクグリは、イワヒバリ科カヤクグリ属の野鳥で、漂鳥。 カヤクグリは漂鳥〜北海道では夏鳥、九州では冬鳥 漂鳥とは、国外へ渡りはしないが、 …

  • ビンズイ

    https://youtu.be/P8vIJlsaqBo ビンズイの動画 ビンズイ。奥はカシラダカ ビンズイ ビンズイ ビンズイ ビンズ …

  • WEB図鑑

    簡単!タカの同定・見分け【飛翔姿で】

    飛翔姿でのタカの仲間の比較 飛翔中のタカの見分け、違い図解

  • マヒワ

    マガモ、マダイ、マダコと同じ感じで真性ヒワ?昔は愛玩用として飼育され、身近な鳥だった。でも、そもそもヒワって? ヒワとは? ヒワ亜科とい …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ゴミムシ、オサムシの仲間 2

  • ゴミムシ・オサムシ

    ゴミムシ、オサムシの仲間

  • ゴミムシ・オサムシ

    ゴミムシ(種名として)

    狭義のゴミムシ。「ゴミムシ」には『昆虫の1種』を指す場合と、分類として『オサムシ科に分類される甲虫グループ』を指す場合があり、紛らわしい …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ヨツボシミズギワゴミムシ

    国内に広く分布し、草地、落ち葉の下などに見られる。背中に斑の伴う琥珀色で半透明の上翅があり、飴細工のようで美しい。 ヨツボシミズギワゴミムシ

  • ゴミムシ・オサムシ

    コキベリアオゴミムシ

    分類 オサムシ科/アオゴミムシ亜科/アオゴミムシ属 大きさ(全長) 12.5~15mm 分布 本州〜沖縄 写真 コキベリアオゴミムシ(山 …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ヤセアトキリゴミムシ

    分類 オサムシ科アトキリゴミムシ亜科 写真 ヤセアトキリゴミムシ ヤセアトキリゴミムシ ヤセアトキリゴミムシ ヤセアトキリゴミムシ ヤセ …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ゴミムシの定義って?〜その広範で難解な定義を図で簡単にまとめました!

    『ゴミムシ』という名称は複雑な広範の甲虫を指しますが、以下の図で簡単にまとめました。 以下の赤い領域の甲虫がゴミムシです。ゴミムシとは、 …

  • ゴミムシ・オサムシ

    ツヤアオゴモクムシ

    ルイスオオゴミムシに似るが、胸部(前胸部)の、上翅側接続部のくびれ方が緩い(=あまりくびれていない)のが本種。 前胸は青銅色の金属光沢を …

  • クサシギ(草鷸)〜イソシギと似ている旅鳥

    クサガメは臭いからクサガメだが、クサシギは臭いからではなく、草地に隠れることが多いためと言われる。 分類 チドリ目/シギ科 全長 22〜 …

  • オオバン

    陸に上がるオオバンおしっこ?が輝くオオバン陸に上がるオオバン

  • カンムリカイツブリ

    カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ

  • ハジロカイツブリ

    分類 カイツブリ目/カイツブリ科/カンムリカイツブリ属 体長 全長30cm。カイツブリよりも少し大きい。 見かける時期 冬鳥 生息地 北 …

  • オナガガモ

    オナガガモは日本では冬鳥の水鳥。マガモやヒドリガモ、キンクロハジロといっしょに集団でいることが多い。 分類 カモ目/カモ科/マガモ属 ペ …

  • 生き物のよみもの

    スモールズーの写真がテレビで使われました

    『ザ!鉄腕!DASH!!(日本テレビ)』にカミキリムシの写真を提供しました(2021.7) 『全力!脱力タイムズ(フジテレビ)』に鳥の写 …

  • 『鳥 図鑑』『鳥 種類』で検索上位

    グーグルやYahoo!で「鳥 図鑑」「鳥 種類」と検索すると、現在4〜5位検索1ページ目上部に入っています。このページは主に山梨県内で撮 …

  • ゴミムシ・オサムシ

    クロズジュウジアトキリゴミムシ〜専門家でも15年に一回見かける頻度⁉

    下の山梨県のレッドリスト(解説?)にも記載されている通り、クロズジュウジアトキリゴミムシは専門家でも15年に1回見かけるかどうかの頻度と …

  • ウナギ(ニホンウナギ)

    分類 ウナギ科/ウナギ属 大きさ 成魚:全長1メートルほど 生態・エサ 夜行性。カニやエビ、小魚、ミミズ、水生昆虫などを捕まえて食べる。 …

  • ホトケドジョウ

    ホトケドジョウは日本固有のドジョウ。他のドジョウより浮き袋が発達し、底泥には潜らず、中層を泳ぐ。 分類 ドジョウ科/ホトケドジョウ属 大 …

  • アオバト

    アオバトは日本の森林に生息する緑色のハト。 分類 ハト目/ハト科/アオバト属 アオバトの動画 アオバトの大きさ 体長33cm アオバトの …

  • 植物

    セイタカアワダチソウ〜大繁殖の理由はアレロパシーという名の飛び道具

    明治時代に日本に持ち込まれ、当初こそ園芸用、観賞用として親しまれたが、やがて野生化し日本中に広がり、いまでは誰もが見かける身近な多年草の …

  • コガネムシ

    ヒメアシナガコガネ〜芝生の害虫として知られる甲虫

    ヒメアシナガコガネは、果樹の葉やシバを食害することのある害虫として知られている。 ヒメアシナガコガネの分布 北海道〜九州 ヒメアシナガコ …

  • タヒバリ(田雲雀)

    タヒバリは漢字では田雲雀と書き、冬鳥。ヒバリに似ているし、名前にもヒバリとつくのだから、ヒバリの仲間であると思いがちだが、分類学的にはヒ …

  • ケリ〜田んぼにいる強気な鳥

    ケリは日本の田んぼにいる留鳥(一年中日本にいる鳥) ケリの特徴・生態・名前の由来 チドリの仲間らしく細く長く黄色い脚を持つ。田んぼや湿地 …

  • タマムシ

    ムネアカナガタマムシ

    ムネアカナガタマムシの特徴・生態 大きさは7〜11mm、生息域は北海道〜九州。 頭部や前胸が赤銅色の金属光沢があり、ナガタマムシらしく細 …

  • ハムシ

    カタクリハムシ

    カタクリハムシカタクリハムシ

  • ハムシ

    イタドリハムシ

    見かける頻度 ★★★★☆ 大きさ 7.5〜9.5mm 分布 北海道〜九州 特徴・生態 イタドリやオオイタドリ、スイバなどを食草とするハム …

  • ハムシ

    チャイロサルハムシ

    チャイロサルハムシ ヨツモンヒメテントウと並ぶチャイロサルハムシ

  • テントウムシ

    ヨツモンヒメテントウ

    ケヤキの木が好きな小さくて珍しいテントウムシ。 ヨツモンヒメテントウ 分類 テントウムシ科/ヒメテントウ亜科/ホソヒメテントウ属 ヨツモ …

  • ハムシ

    キイロクビナガハムシ

    キイロクビナガハムシは大きさ6〜8mmの赤いクビボソハムシ亜科のハムシ。一番の特徴は背中(上翅)や前胸背板に広がる深い点刻。 キイロクビ …

  • ハムシ

    アカクビナガハムシ

    大きさ7〜10mmのクビボソハムシ亜科のハムシ。赤い背中に点のくぼみが並ぶ(点刻)。足は太く黒い。頭部も黒い。 前胸背板は赤く点刻はない …

  • WEB図鑑

    好蟻性昆虫の種類・図鑑

    好蟻性昆虫の種類・図鑑 まだ生態が不明な種も多い好蟻性昆虫をご紹介。 まだ2種だけですが、順次追加予定です。 写真 名前・見かける頻度( …

  • アリ

    シワアリヤドリクロバチ

    トビイロシワアリの巣などにいる好蟻性昆虫。分類はハチ目/ハラビロクロバチ上科。 体長は2mmほどと小さい。本州から九州に分布。共生相手で …

  • カミキリムシ

    アカネカミキリ

    アカネカミキリはヤマブドウなどにつく小型のカミキリムシ。腹部の胸部側が赤や褐色で、腹部に二本白い筋がある。 見かける頻度 ★★★★☆ 分 …

  • バッタ

    ヒナバッタ

    平地から山地の開けた草地、草刈り後の草地などで見られる。オスは腹部の先端が赤みを帯びることがある。 ヒロバネヒナバッタと似ているが、本種 …

  • バッタ

    ハネナガイナゴ

    稲の害虫。佃煮として食用になる。コバネイナゴと似ているが、ハネナガイナゴは翅の長さが後ろ脚より長いことで見分けられる。 ハネナガイナゴの …

  • バッタ

    ハネナガイナゴとコバネイナゴの違い、見分け

    コバネイナゴとハネナガイナゴは似ているが、翅の長さが違うので見分けは用意。ちなみに、長野県などで佃煮などで食べられるイナゴはコバネイナゴ …

  • ハネカクシ

    ハネカクシはなぜハネ(翅)を隠すのか?

    国内でもいまだ未同定、未発見種が多くいるハネカクシ。国内には1,500種以上のハネカクシが生息すると言われ(そのうち同定されているのは1 …

  • ハネカクシ

    やけど虫〜その対処方法と注意点。虫の名前はアオバアリガタハネカクシ

    やけど虫とは、アオバアリガタハネカクシのことです。アリガタ(蟻型)という名がつくようにアリに大きさ、形とも似ていますが、色は赤色、オレン …

  • 時事

    山の日とは?いつ?なぜ祝日に?

    山の日とは 「山の日」とは、2016年から新設された国民の祝日。 山の日はいつ? 8月11日。 ただし、東京オリンピック時(2020年、 …

  • アブラハヤ。日本の川の身近な小魚

    分類 コイ科/ウグイ亜科/アブラハヤ属 見かける頻度 ★★★★☆ 大きさ 全長 <15cm 分布 自然分布は以下。 (太平 …

  • アリ

    サムライアリとクロヤマアリの違い、見分け

    めったに見かけないサムライアリは、公園や庭でよく見かけるクロヤマアリとよく似ている。そのため、サムライアリが足下にいることに気がつかない …

  • アリ

    サムライアリ〜奴隷狩りを行うアリ。めったに見かけることはない

    別種のアリを奴隷のように働かせる習性を持つアリがいる。サムライアリによるクロヤマアリの『奴隷狩り』だ。 サムライアリとは 巣に同居する奴 …

  • アリ

    サムライアリに噛まれると・・・

    ヒアリのように強い毒は知られてない。 ただし、直接触らないのが無難である。痛いからである。 素手で捕まえると、その大きく鋭いアゴで執拗に …

  • 生き物のよみもの

    鷹と鷲の違い

    鷹(タカ)と鷲(ワシ)の違いは大きさだけ。分類的にはどちらも『タカ目タカ科』。鷹も鷲もタカ目タカ科。ワシ目やワシ科は存在しない。 鷹と鷲 …

  • イワナ

    イワナの分類 サケ目/サケ科/イワナ属 イワナの分布 全国 イワナの種類 エゾイワナ イワナでは唯一、陸封型(エゾイワナ)と降海型(アメ …

  • バッタ

    コバネイナゴ

    稲の害虫。佃煮として食用になる。ハネナガイナゴと似ているが、コバネイナゴは翅の長さが後ろ脚より短いことで見分けられる(ただし個体によって …

  • トンボ

    ギンヤンマ

    分類 トンボ目/ヤンマ科 大きさ 全長7cm ギンヤンマの名前の由来〜「ギン」は「銀色」のこと? 腹部第3節の下側が銀白色をしているため …

  • バッタ

    クルマバッタモドキ

    クルマバッタに似た中型のバッタで、クルマバッタよりも一般的に見られる。5月から12月までイネ科の草地などで見られる。 クルマバッタモドキ …

  • バッタ

    コバネヒメギス〜ヒメギスの幼虫と似るが、小さな翅(翅芽)があるので見分けられる

    コバネヒメギスは翅が小さいため、幼虫に間違えられがち。 コバネヒメギスの分類 バッタ目/キリギリス科 コバネヒメギスを見かける頻度 ★★ …

  • バッタ

    ショウリョウバッタ

    大きさ 体長:オス4〜5cm、メス8cm前後。 分布 日本全国 見かける頻度 ★★★★★ 体の特徴 細長いバッタ。触覚は体のわりには短い …

  • ゴミムシダマシ

    ニセクロホシテントウゴミムシダマシ〜ホンクロホシテントウゴミムシダマシ(別名クロホシテントウゴミムシダマシ)との違い、見分けも

    黄色がかった茶色(黄褐色)の下地に、黒紋が複数ある模様を持つ。その黒紋は、互いにつながったり離れたりしていて、まるでアイヌ文様のよう。 …

  • ゴミムシダマシ

    ニジゴミムシダマシ〜チタンコッヘルのガスバナーが当たった部分のような虹色光沢

    焼きを入れたような虹色の金属光沢を持つ大きさ4.5〜7.5mmの甲虫。広葉樹の朽ち木、土場などの木の表面やくぼみにいることが多い。キノコ …

  • ゴミムシダマシ

    ナガニジゴミムシダマシ〜鉄に焼きを入れたような虹色の光沢を持つ

    本州〜沖縄に分布し、美しい金属光沢を持つ。単に金属光沢と言ってはもったいないくらいで、ちょうど鉄に焼きを入れたような模様である。使用され …

  • WEB図鑑

    日本のサンショウウオ図鑑

    日本に生息するサンショウウオは45種以上。生まれた場所から大きく移動しないため、地域間の種分化が進んだ。ここでは国内に分布するサンショウ …