ダイミョウセセリ

ダイミョウセセリ
このエントリーをはてなブックマークに追加

学名Daimio tethys
分類チョウ目/セセリチョウ科
大きさ前翅長15〜20mm
分布北海道〜九州
特徴、生態前翅に白斑が点在。メスはオスよりも前翅の先端のカーブがやや緩い。後翅外縁は白く縁取られ、西日本では後翅に明瞭な白帯が見られる。

ナガイモなどヤマノイモ科のつる性多年草を食草とする。

成虫はタンポポ、クリ、アザミなど広範な花の蜜を吸う。

公園、畑、川沿い、高原などに広く分布する。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

カテゴリー