ツマグロヒメハナカミキリ

ツマグロヒメハナカミキリ
このエントリーをはてなブックマークに追加

学名Pidonia maculithorax
分類カミキリムシ科/フトカミキリ亜科
大きさ8〜12mm前後
分布本州の山地のみ(関東〜中部地方、紀伊山地など)
特徴、生態ショウマ、ノリウツギなど山地の広葉樹の花の花粉を食べる。
黒色の縁のある上翅はクリーム色(マットな黄褐色)でチャイロヒメハナカミキのそれと似る。前胸も黄褐色。
京都では長年採集例がなく、京都府レッドデータブックでは「絶滅した種(絶滅種)」として記載されている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

カテゴリー