ダイミョウアトキリゴミムシ〜ラキュのピースみたいな模様

ダイミョウアトキリゴミムシ〜ラキュのピースみたいな模様

ラキュのピースのような形をした赤い模様が特徴のアトキリゴミムシ。

本写真は、山梨県穂坂町にて側溝に溜まった落ち葉をかき分けていたときに発見。写真を取り損ねたが、同じ側溝の別の場所にもいたので、無事撮影できた。

側溝の落ち葉をかき分けるとダイミョウアトキリゴミムシがいた

ダイミョウアトキリゴミムシの写真

ダイミョウアトキリゴミムシ
ダイミョウアトキリゴミムシ
側溝の落ち葉に混じるダイミョウアトキリゴミムシ
ダイミョウアトキリゴミムシ

ダイミョウアトキリゴミムシの特徴、生態

側溝内の落ち葉の中や砂地など乾燥地を好む徘徊性のゴミムシ。

頭部と前胸背はやや金属光沢を感じる暗緑色(黒みがかった緑色)。全体的に毛深いため、金属光沢の感じ方が薄まるのかもしれない。

前胸背板や頭部に目立つ点刻あり。

上翅前方には橙赤色で、ラキュのピースのように後方の暗緑色部分と会合する。

分類

コウチュウ目/オサムシ科

分布

北海道〜九州

北海道は個体数が多い。

大きさ

8〜9mm

各県で絶滅危惧種に指定

環境省のレッドデータブックにこそ載っていないものの、各県で絶滅危惧種に指定されている。

たとえば、和歌山県、三重県で、絶滅危惧Ⅱ類、長野県、奈良県で準絶滅危惧種。

アトキリゴミムシとは?

アトキリゴミムシは樹上や水辺、草地、森林に生息する比較的小型のゴミムシ。

生態や食性は十分に明らかにされていない種が多い。

詳しくはこちら↓

アトキリゴミムシ亜科とは?

アトキリゴミムシは樹上や水辺、草地、森林に生息する比較的小型のゴミムシ。 生態や…
smallzoo.net

この記事が気に入ったら
いいね !


カテゴリー

関連記事