ミヤマホソハナカミキリ

ミヤマホソハナカミキリ
2024/05/09
このエントリーをはてなブックマークに追加

長い触角と長い脚、上翅中央やや後方の”程度の大きいくびれ”が特徴のミヤマホソハナカミキリ。飛んでる姿はガガンボやヒメバチのようで、到底カミキリムシには見えない。

山梨県東部の山野でクリの花を掬っていて初採集。この手のホソハナカミキリには似た種が多いため、すぐに同定できないことが多い。だからこそ、初採集と分かったときの喜びはひとしお。

分類

カミキリムシ科/ハナカミキリ亜科

学名

Idiostrangalia contracta

大きさ

体長9〜12mm

分布

本州、四国、九州

寄生植物

タンナサワフタギ、サワフタギ

写真

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

カテゴリー