山の日とは?いつ?なぜ祝日に?

山の日とは?いつ?なぜ祝日に?

山の日とは

「山の日」とは、2016年から新設された国民の祝日。

山の日はいつ?

8月11日。

ただし、東京オリンピック時(2020年、2021年)は開会式、閉会式に合わせて移動され、2021年の山の日は8月8日(オリンピックの閉会式日)だった。

2022年からはまた8/11に戻る。

山の日は祝日、休み

山の日は国民の祝日で休み。

山の日 なぜ?

「海の日」がすでに祝日として制定されていたため、「山の日」の制定が山梨県など山にゆかりがある自治体や山岳団体(日本山岳会など)などから要望があがり、2016年改正祝日法により制定されるに至った。

当初、お盆休みの始まり(8月13日)と繋げて連休にしやすいメリットから、山の日を8月12日とする案が浮上した。しかし、8月12日は『日本航空123便墜落事故』(1985年)が起こった日であり、場所が同じ山ということもあって、お祝いの日である祝日「山の日」をこの日に重ねることへの懸念が関係者や国会議員から出された。

そのため、12日ではなく、8月11日が山の日に決定された。

『山の日』の由来〜山の日、海の日

山の日と海の日の法律上の規定は以下である。

山の日

『山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する』(国民の祝日に関する法律、祝日法)

海の日

『海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う』(国民の祝日に関する法律、祝日法)

『国及び地方公共団体は、海の日には、国民の間に広く海洋についての理解と関心を深める行事が実施されるよう努めなければならない』(海洋基本法)

山の日 いつから

山の日は2014年に制定され、2016年から祝日となった。