カツオ

カツオ

学名Katsuwonus pelamis
分類スズキ目/サバ科/カツオ属
大きさ〜100cm(全長)
分布世界中に分布。熱帯、温帯海域。
特徴、生態外洋性の肉食魚。全世界に分布するにもかかわらず、学名にカツヲヌスと日本名が付けられている。

他の類縁種がいないいわゆる『1属1種』。

ホンガツオ、マガツオとも呼ばれる。

鰹のタタキは、もとは漁師の船上調理法であったとも。カツオの硬い皮をあぶって柔らかくし、同時に青魚特有の臭みをとるためである。

カツオのたたき
中型のカツオと小型のメジナ(御前崎)
お腹の縞模様が特徴。頭でっかちがかわいい

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

カテゴリー