『アカハラ』という森の鳥〜特徴、生態、写真

『アカハラ』という森の鳥〜特徴、生態、写真

森林やその森から続く里山の林などで見られる。昔は茶鶫(チャジナイ)と呼ばれていた。

アカハラの分類

スズメ目/ツグミ科/ツグミ属

アカハラの大きさ

全長24cm程度

アカハラの特徴

アカハラの名のとおり、腹が鮮やかなオレンジ色だから区別は容易。

顔だけ見ればシロハラとそっくりで『黄色く縁取られた眼』、『下半分が黄色で上半分が黒いくちばし』、『黄色い脚』。この2種が近縁種であることが容易に想像できる。

アカハラの生態

夏は日本の本州中部以北で繁殖、冬季になると本州中部以西や西日本に南下して越冬する。そのため、同じ日本でも地域によって夏鳥、冬鳥と分かれる鳥である。

本州中部では森林や山地、東北や北海道では平野部の林などで子育てする。

雑食性の野鳥。虫をよく食べ、虫が少ない冬には植物の実もよく食べる。

エサを挟くちばしで挟むアカハラ

アカハラの写真

正面からのアカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラの腹部と脚
アカハラの後ろ姿
アカハラの後ろ姿
アカハラの後ろ姿
アカハラの後ろ姿
アカハラの後ろ姿
アカハラの後ろ姿
アカハラ
アカハラ
草の地面をついばむアカハラ
草の地面をついばむアカハラ
アカハラ
アカハラ
エサを探すアカハラ
エサを探すアカハラ
エサを探すアカハラ
エサを探すアカハラ
アカハラの横姿
アカハラの横姿
エサを探すアカハラ
エサを探すアカハラ
アカハラの横姿
アカハラの横姿
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ

この記事が気に入ったら
いいね !

カテゴリー