オオタカの幼鳥(山梨にて)

狩りに失敗し一息つくオオタカ

オオルリ(南アルプスにて)

ヒメスギカミキリを捕まえたオオルリ

ハラグロオオテントウとカメノコテントウ(北杜市にて)

顕微鏡で見ないと分からない微少テントウたち(ムツボシテントウなど)

家に迷い込んだルリモンハナバチ(山梨にて)

休耕田に生息するナミゲンゴロウ(山梨にて)

タカハシトゲゾウムシの後脚の黒コブとノコギリ歯(山梨県にて)

アカマダラハナムグリ、別名アカマダラコガネ(山梨県にて)

新着記事

  • クワガタ・カブトムシ

    コカブト(コカブトムシ)

    コカブトは、3cmにも満たない小さなカブトムシの仲間。 オスの頭部にごく小さな角が一本見られる。 …

  • ワシカモメ〜ワシのような大きなくちばし

    全長60〜68 cmの大型のカモメ。 日本には冬鳥として本州中部から北海道の海沿いに飛来。シベリ …

  • オオセグロカモメ

    全長60cm前後。 その名前からセグロカモメよりも大きいと思われがちだが、それほど変わらない。 …

  • カモメ

    全長40〜50cmのカモメ。アメリカ、ヨーロッパ、アフリカなど世界中に分布するが、日本には亜種カ …

  • シロカモメ

    全長72cm前後と大型のカモメ。 目の周りはオレンジ味、瞳は淡黄色。くちばしの先端下側に赤色部分 …

  • カミキリムシ

    タニグチコブヤハズカミキリ

    タニグチコブヤハズカミキリは日本固有種。体長11〜18mm前後。山梨県、長野県、岐阜県に分布する …

  • ユリカモメ〜冬羽ではまさに目印が現れる

    『ユリカモメ』。独特の音の響きとそれにより誘起される不思議な情緒があるように感じられる。耳にすれ …

  • セグロカモメ

    セグロカモメは、全国、とくに西日本で一般的に見られるカモメの一種。冬鳥。 チドリ目カモメ科に属す …

コラム