カミキリムシ図鑑

ゴマダラカミキリ

コウチュウ目/ハムシ上科/カミキリムシ科/フトカミキリ亜科/ゴマダラカミキリ属/ゴマダラカミキリゴマダラカミキリ 見かける頻度 【★★★★☆】 サイズ 25mm〜35mm程度 分布 全国 ゴマダラカミキリの生態・特徴 いろいろな木の皮(樹皮)を食べる。その幅が広いことで有名。クワ科の植物以外にも、クリ、ヤナギ、シラカバ、ミカンの樹皮などを食べる。 幼虫は果樹や街路樹の中に1〜2cmほどの道を作り、 …

テントウムシ図鑑

クロテントウ(確定率70%)

※このページでクロテントウとして紹介している個体の確定率は70%です。 コウチュウ目/テントウムシ科/クチビルテントウ亜科/チビクチビルテントウ族/クロテントウ 見かける頻度 ★★☆☆☆ 見られる時期 5-8月 サイズ 1.5〜2mm 分布 北海道〜九州 クロテントウの特徴・生態 クロテントウは非常に小さなテントウで、普通あまり気がつかない。 密集した毛に覆われている。市街地などではあまりみられず …

テントウムシ図鑑

クロヘリヒメテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/ヒメテントウ亜科/ヒメテントウ族/クロヘリヒメテントウ 見かける頻度 ★★★☆☆ 見られる時期 5〜10月 サイズ 2〜3mm 分布 北海道〜九州 クロヘリヒメテントウの特徴・生態 空き地の雑草や河川敷にいる。 クロヘリヒメテントウは、長い赤斑紋が特徴だが、その小ささのため、その斑紋は肉眼ではなかなか判別できない。 斑紋が長くのびる模様は、ベニヘリテントウやアカヘリテ …

テントウムシ図鑑

ヨツボシテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/クチビルテントウ亜科/ヨツボシテントウ族/ヨツボシテントウ 見かける頻度 ★★☆☆☆ 見られる時期 5-8月 サイズ 4mm程度 分布 本州・四国・九州 ヨツボシテントウの生態・特徴 成虫、幼虫ともアブラムシを食べる肉食。 4つの大きな黒紋が背中にある。表面は細かい毛で覆われている。ベダリアテントウと似ているが、本種は上翅の縁が黒ずんでいて、それが全体的に暗いイメージ …

テントウムシ図鑑

トホシテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/マダラテントウ亜科/マダラテントウ族/トホシテントウ 見かける頻度 ★★☆☆☆ 見られる時期 6-8月 サイズ 6-9mm程度 分布 北海道、本州、四国、九州 トホシテントウの特徴・生態・害虫性 畑や林、公園などの草地にいる。広く分布するが、単独でいるため、見かけることはあまりない。草食性で、ウリ科植物、カラスウリの葉などを食べる。同じ草食性でも、ニジュウヤホシテント …

テントウムシ図鑑

ウンモンテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/テントウムシ亜科/テントウムシ族/ウンモンテントウ属/ウンモンテントウ 見かける頻度 ★☆☆☆☆ 見られる時期 6-8月 サイズ 8-9mm程度 分布 北海道、本州、四国、九州 ウンモンテントウの特徴 主に山地で見られるが、見かける頻度は少ない。 赤や黄褐色の下地に白や淡い赤で縁取りされた黒紋をもつ。 生態や食べ物は詳しく分かっていない。 ウンモンテントウの写真

テントウムシ図鑑

マクガタテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/テントウムシ亜科/テントウムシ族/ジュウシホシテントウ属/マクガタテントウ 見かける頻度 ★☆☆☆☆ サイズ 3-4mm 分布 北海道〜四国 マクガタテントウの生態・特徴 5ミリメートル以下の小さいテントウムシ。キビキビ動き回る。 北海道、本州、四国にいるが、見かけることは少ない。背中の斑点は、赤か黄で、4つある個体と2つある個体がいる。 首あたりに布切れのような形の …

テントウムシ図鑑

アミダテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/ヒメテントウムシ亜科/アミダテントウ族 見かける頻度 ★☆☆☆☆ サイズ 4mm前後 分布 本州〜九州 アミダテントウの生態・特徴 からだにちいさな毛(け)がたくさんはえてる、珍しいテントウムシ。 本州(ほんしゅう)、四国(しこく)、九州(きゅうしゅう)にいる。 せなかにきいろいひょうたん模様(もよう)あり。他(ほか)のテントウはおもいつかなかった斬新(ざんしん)なデ …

テントウムシ図鑑

オオニジュウヤホシテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/マダラテントウ亜科/マダラテントウ族/オオニジュウヤホシテントウ 見かける頻度 ★★★☆☆ サイズ 6.5〜8mm前後 分布 北海道〜九州 オオニジュウヤホシテントウの生態・特徴 ナナホシテントウやナミテントウより少し大きいテントウ。斑点がたくさんあり、背中の表面が白っぽい毛で覆われてる。 このニジュウヤホシテントウやその類縁オオニジュウヤホシテントウはテントウムシ科 …

テントウムシ図鑑

シロトホシテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/テントウムシ亜科/テントウムシ族/シロトホシテントウ 見かける頻度 ★★★☆☆ サイズ 5-6mm 分布 北海道〜九州 シロトホシテントウの特徴・生態 小型のテントウムシ。羽根の白い斑点(丸い模様)は付け根からお尻へかけて4個、4個、2個の3列並ぶ(計10個)。 シロトホシテントウの写真

テントウムシ図鑑

ムーアシロホシテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/テントウムシ亜科/テントウムシ族/ムーアシロホシテントウ 見かける頻度 ★★☆☆☆ サイズ 4-5mm 分布 北海道〜九州 ムーアシロホシテントウの特徴・生態 全国に広く分布するが市街地で見かけることは少ない。林や寺社仏閣の境内、公園などでケヤキなどの広葉樹で見つけることができる。アブラムシ類を食べる肉食である。 冬は成虫で木の皮の裏や地面の枯葉の下で単独越冬。春先、 …

テントウムシ図鑑

シロホシテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/テントウムシ亜科/カビクイテントウ族/シロホシテントウ 見かける頻度 ★★★☆☆ サイズ 3-5mm 分布 北海道〜九州 シロホシテントウの特徴・生態 小型のテントウムシ。羽根の白い斑点(丸い模様)は、付け根からお尻へかけて、2個、4個、4個、2個 の4列のシロホシからなる(計12個)。 キイロテントウと同じく、葉っぱにいる大きめの菌類(カビやうどんこ病菌など)を食べ …