チョウ(蝶)図鑑

チョウ(蝶)図鑑
2020年8月29日

公園にいる身近なチョウから絶滅危惧種のチョウまで紹介するWEB図鑑です。見つけたチョウの同定や生態チェックにお使いください。日本のチョウはアゲハチョウ科、シロチョウ科、シジミチョウ科、タテハチョウ科、セセリチョウ科の5グループ。
なお、実際の図鑑なら「増補改訂版-日本のチョウ-フィールドガイド」(以下)をオススメします。日本のすべてのチョウが載っているのにポケットサイズですごい図鑑。違う角度から撮った写真が豊富で判別もしやすいです。

 

 

アゲハチョウ科

※クリックすると写真が大きくなるか、詳細ページへ移動

チョウの名前 特徴・生息場所・見つけ方

ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ2
ミヤマカラスアゲハ
【分類】昆虫綱/チョウ目(鱗翅目)/アゲハチョウ上科/アゲハチョウ科/アゲハチョウ属
【見かける頻度】★★★☆☆
【分布】北海道、本州、九州など
【大きさ】38~75mm

カラスアゲハとよく似ているが、違いを知れば区別は簡単。まるで南米や東南アジアにいるような美しい蝶、碧(へき)と翠(みどり)は光具合で変幻自在。幼虫はカラスザンショウ、ハマセンダン、キハダなど野生種のミカン科植物の葉を食べる。成虫はクサギ類やツツジ類、アザミなどの花の蜜を吸う。

シロチョウ科

※クリックすると写真が大きくなるか、詳細ページへ移動

チョウの名前 特徴・生息場所・
見つけ方

スジボソヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウ
スジボソヤマキチョウ(山梨県北杜市)

スジボソヤマキチョウ
スジボソヤマキチョウ(翅裏)
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/シロチョウ科/モンキチョウ亜科/ヤマキチョウ属
【見かける頻度】★★★☆☆
【体長】3〜4cm(前翅長)
【見かける時期】ほぼ一年中(成虫で越冬)
【生息地】東北地方、中国山地、四国の山地、九州のごく一部

夏眠する種。丘陵地や山地、森林の林縁部(林の周縁地域)、雑木林に現れる。吸水をよく行うため、地面にいる姿を見かけることも多い。絶滅危惧種のヤマキチョウと比べると個体数は多いが、減少傾向にある。

シジミチョウ科

※クリックすると写真が大きくなるか、詳細ページへ移動

チョウの名前 特徴・生息場所・
見つけ方

ヤマトシジミ

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ(オス)

ヤマトシジミとカタバミ
ヤマトシジミとカタバミ
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/シジミチョウ科/ヒメシジミ亜科
【見かける頻度】★★★★★
【体長】1-1.5cm前後(前翅長)
【見かける時期】4〜11月(成虫)
【生息地】本州・四国・九州・沖縄

公園や林、雑木林、草原、人家、河川などで普通に見かける種。食草はカタバミという植物なので、この植物が生えている場所で見られる。

ベニシジミ

ベニシジミ
ベニシジミ
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/シジミチョウ科/ベニシジミ亜科/ベニシジミ属
【見かける頻度】★★★★☆
【体長】1.5cm前後(前翅長)
【見かける時期】3〜11月(成虫)
【生息地】北海道・本州・四国・九州

公園や林、雑木林、草原、人家、河川などで普通に見かける種。花はタンポポやヒメジオン、ヘビイチゴなどの雑草にいる。

オオルリシジミ絶滅危惧種Ⅰ類

オオルリシジミ
オオルリシジミ
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/シジミチョウ科/ヒメシジミ亜科/オオルリシジミ属
【見かける頻度】★☆☆☆☆
【大きさ】3cm(前翅長)
【見かける時期】5月~7月初旬(成虫)
【分布】長野県、新潟県、九州のごく一部

かつては東北地方や中国地方など日本に広く生息。しかし、今ではほとんどの地域で絶滅し、長野県、新潟県、九州のごく一部の狭い地域に生息するだけ。近い将来絶滅する可能性が極めて高い種。これまで生息地の一つとされていた群馬では近年、消滅した可能性がある。

ムラサキシジミ

ムラサキシジミ
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/シジミチョウ科/ミドリシジミ亜科/ムラサキシジミ族/ムラサキシジミ属
【見かける頻度】★★★★☆
【大きさ】30〜40mm
【分布】本州・四国・九州・沖縄

翅の表の中心部分が青紫色で光沢があり、周囲は色褪(あ)せた黒褐色。平地や低山の水辺や林、涼しいところに現れる。幼虫はコナラ、クヌギ、スダジイ、アラカシなどのブナ科の葉を食べる。

タテハチョウ科

※クリックすると写真が大きくなるか、詳細ページへ移動

チョウの名前 特徴・生息場所・見つけ方

オオムラサキ

オオムラサキ(オス)(山梨県韮崎市)
オオムラサキ(オス)(山梨県韮崎市)

オオムラサキ(メス)
オオムラサキ(メス)(山梨県北杜市)
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/タテハチョウ科/コムラサキ亜科/オオムラサキ属
【見かける頻度】★★☆☆☆
【大きさ】50〜55mm(前翅長)
【分布】北海道・本州・四国・九州

国蝶。国内のタテハチョウ科で最大級。雑木林や里山の減少で個体数が減り、環境省レッドリストでは準絶滅危惧に指定されている。山梨県の北杜市や韮崎市などでは普通に見られる。オオムラサキの幼虫は「むーちゃん」と呼ばれ、親しまれる。

コミスジ

コミスジ
コミスジ
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/タテハチョウ科/イチモンジチョウ亜科/ミスジチョウ属
【見かける頻度】★★★★☆
【大きさ】2.2〜3cm前後(前翅長)
【分布】北海道・本州・四国・九州

チョウや鳥はその種類によって飛び方にクセがあるが、コミスジはまるでヒヨドリのように少しの羽ばたきで長く滑空するように飛ぶ。見ていると気持ちよさそうで自分も飛びたくなる。平地から山地にかけ広く分布し、公園や林、水辺、農地などで見かける。幼虫はクズ、フジなどのマメ科植物を食べる。

サトキマダラヒカゲ

サトキマダラヒカゲ
サトキマダラヒカゲ
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/タテハチョウ科/ジャノメチョウ亜科/マネシヒカゲ族/キマダラヒカゲ属
【見かける頻度】★★★★☆
【大きさ】2.5-4cm前後(前翅長)
【分布】北海道・本州・四国・九州

森林や山地からつながる林などで見られ、樹液を吸う。人の気配ですばやく飛び去る。日本固有種。幼虫はササや竹を食べる。

ヒメヒカゲ絶滅危惧種Ⅰ類

ヒメヒカゲ
ヒメヒカゲ
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/タテハチョウ科/ジャノメチョウ亜科
【見かける頻度】★☆☆☆☆
【大きさ】16~23mm(前翅長)
【見かける時期】6~7月(成虫)
【分布】本州のごく一部

高度経済成長期の都市・住宅地開発などで湿原や湿地は全国的に大幅に減少、湿地に生息するヒメヒカゲは激減し、今は本州中部以西、近畿、中国地方のごく一部で分断された形で生息。近い将来絶滅する可能性が極めて高い種。農薬散布や杉檜の植林、昆虫収集家の採集なども個体数減少の原因とされている。チョウ好きなら後世の人たちにも見てもらいたくないのか、自分たちが所有することを優先するのか。

オオウラギンスジヒョウモン

オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンスジヒョウモン
【分類】チョウ目/タテハチョウ科/ドクチョウ亜科/ヒョウモンチョウ族
【見かける頻度】★★★★☆
【大きさ】35-43mm(前翅長)
【見かける時期】6〜9月
【分布】北海道・本州・四国・九州

低地から山地、高原帯まで広く生息し、富士山の登山道などでも見かけることができる。幼虫は野生のスミレ科の植物を食べ、成虫は花の蜜を吸う。

スミナガシ

スミナガシ
スミナガシ(山梨県韮崎市)

スミナガシ
【分類】チョウ目/アゲハチョウ上科/タテハチョウ科/スミナガシ属
【見かける頻度】★★☆☆☆
【体長】32-44mm
【見かける時期】5〜8月(成虫)
【生息地】本州〜南西諸島

宮中の遊び「墨流し」(水に墨を流してその模様を楽しむ)に由来。青の墨が混じる淡緑色。本州から南にかけて生息、幼虫はアワブキ、ヤマビワなどを食べる。個体数は減少しており、地方自治体により絶滅危惧種に指定。

セセリチョウ科

※クリックすると写真が大きくなるか、詳細ページへ移動

チョウの名前 特徴・生息場所・見つけ方
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓