ギンヤンマ

ギンヤンマ

分類

トンボ目/ヤンマ科

大きさ

全長7cm

ギンヤンマの名前の由来〜「ギン」は「銀色」のこと?

腹部第3節の下側が銀白色をしているため、ギンヤンマの名がついた。「ギン」は「銀色」のこと。

特徴・生態

池や田んぼ、川辺など水域周辺に生息。

俊敏かつ高速に飛び、ホバリングなども使う。オニヤンマ同様石や木の枝に止まらないため、捕獲や撮影は難しい。

ギンヤンマのオスとメスの区別

オスは腹部のつけ根が鮮やかなブルー。メスはそうならない。また、腹部先端(第9節)から産卵管が延びている。

成虫は4月-11月頃に見られる。

ギンヤンマの写真

*はACphotoより