鷹と鷲の違い

鷹と鷲の違い

鷹(タカ)と鷲(ワシ)の違いは大きさだけ。分類的にはどちらも『タカ目タカ科』。鷹も鷲もタカ目タカ科。ワシ目やワシ科は存在しない。

鷹と鷲の違いはない。大きさで分けてるだけ。

タカとワシの違いはない。分類学的にどちらもタカ科であるが、大きいなタカ科をワシと呼ぶ。単に慣例的に大きさで呼び分けているだけで、明確な区別はない。

鷹と鷲の違い
鷹と鷲の違い

鷹(タカ)=タカ科の鳥

タカ科の鳥。日本では、オオタカ(全長50〜60cm)、ハイタカ(全長32〜40cm)、クマタカ(全長75〜80cm)、アカハラダカ(全長30cm)などがいる。

オオタカ
オオタカ

鷲(ワシ)=タカ科の鳥

鷲もタカ目タカ科の鳥。比較的大きい種をワシと呼ぶ傾向がある。日本では、オオワシ(全長88〜103cm)、イヌワシ(全長75〜95cm)、オジロワシ(全長70〜98cm)などがいる。

イヌワシ*

*ACphotoより

ただし、大きいタカや小さいワシもいるからややこしい

しかし、タカより小さいワシ(=ワシより大きいタカ)もいるからややこしい。たとえば日本のクマタカは全長75〜80cmだが、沖縄生息するカンムリワシは体長50~60cm。

あくまで慣例的に呼ばれてきただけだから、あまり気にしないのが一番である。