樹液に集まる虫図鑑

樹液に集まる虫図鑑
2020年8月11日

もしクワガタやカブトムシを探しにいって樹液に集まる他の虫が気になってしまったら、この図鑑が役立つかも。樹液に集まる虫図鑑です。

 

カブトムシ、クワガタはこちらでまとめています。

 

樹液に集まる虫たち

オオムラサキ

オオムラサキ
オオムラサキのオス
オオムラサキのメス
オオムラサキのメス

コムラサキ

クロコムラサキ

ヒカゲチョウ

クロコノマチョウ

シロシバタ

ベニシバタ

クルマスズメ

ベニスズメ

アカボシゴマダラ

アカボシゴマダラ
アカボシゴマダラ

ゴマダラチョウ

サトキマダラヒカゲ

ルリタテハ

キタテハ

スミナガシ

スミナガシ
スミナガシ

アカマダラケシキスイ

アカマダラケシキスイ
アカマダラケシキスイも樹液に集まる

ヨツボシケシキスイ・ムナビロオオキスイ

ヨツボシケシキスイ・ムナビロオオキスイ
ヨツボシケシキスイ(中央)とムナビロオオキスイ(右)
ヨツボシケシキスイのオス
ヨツボシケシキスイ

ハチモドキハナアブ

ハチモドキハナアブ
ハチモドキハナアブ

ホシアシナガヤセバエ

ホシアシナガヤセバエ
ホシアシナガヤセバエ

キイロショウジョウバエ

シロフアブ

シロフアブ
シロフアブ

サビキコリ

 

オオクシヒゲコメツキ

オオクシヒゲコメツキ
オオクシヒゲコメツキ
オオクシヒゲコメツキ
オオクシヒゲコメツキ

オオスズメバチ

オオスズメバチ
オオスズメバチ

コガタスズメバチ

コガタスズメバチ
コガタスズメバチ

ヒメスズメバチ

ヒメスズメバチ
ヒメスズメバチ
ヒメスズメバチ
ヒメスズメバチ

チャイロスズメバチ

キイロスズメバチ

オオゾウムシ

トホシオサゾウムシ

ヤブキリ

マダラカマドウマ

コロギス

ハネカクシの仲間

アカマダラハナムグリ(別名、アカマダラコガネ)

アカマダラハナムグリ(別名アカマダラコガネ)
アカマダラハナムグリ(別名アカマダラコガネ)
アカマダラハナムグリ(別名アカマダラコガネ)
アカマダラハナムグリ(別名アカマダラコガネ)
アカマダラハナムグリ(別名アカマダラコガネ)
アカマダラハナムグリ(別名アカマダラコガネ)

【概要】体長14〜20mm。昔からアカマダラコガネと呼ばれていたが、ハナムグリの仲間であるため、正式名がアカマダラハナムグリに改められた。
【生態】成虫はクヌギ、ナラ、カシワなどの樹液を吸う。
【繁殖場所】長年不明であったが、近年、オオタカやハチクマの巣で幼虫が多数発見されたため、猛禽類の巣で繁殖することが分かる。現在までに、サシバ、ミサゴ、クマタカ、カワウの巣でも繁殖することが分かっている。
【希少性】数は少ない。しかし、50年前までは各地で普通に見られた。激減したのは、繁殖場所が猛禽類の巣であるゆえ、開発や里山環境の変化でタカやワシが激減したためと言われている。その希少性からヤフオクなどで高値で売られている。

カナブン

カナブン
カナブン
カナブン
カナブン

クロカナブン

クロカナブン
クロカナブン

アオカナブン

カナブン
カナブン

シロスジカミキリ

 

ウスバカミキリ

ウスバカミキリ
ウスバカミキリ

ミヤマカミキリ

ミヤマカミキリ
ミヤマカミキリ
ミヤマカミキリ
ミヤマカミキリ

アカアシオオアオカミキリ

アカアシオオアオカミキリ
アカアシオオアオカミキリ

キマダラミヤマカミキリ

シラホシハナムグリ

シロテンハナムグリ

シロテンハナムグリ
シロテンハナムグリ