キモンカミキリ

キモンカミキリ

体長6~10mm前後、フトカミキリ亜科に属する小さなカミキリムシ。

キモンという名前の由来は「鬼門」ではなく「黄紋」。黄色い紋が上翅に列をなし、胸部の側面にも一対の黄紋が見られる。

トチノキ、オニグルミなどを宿主とし、6〜8月に比較的標高の高い場所の伐採木などで見られる。

北海道、本州、四国、九州に生息。

とくに絶滅危惧種に指定されているわけではないが、見かけることの少ない種である。ちなみに、類縁のオニグルミノキモンカミキリやカスガキモンカミキリは自治体によって絶滅危惧種に指定されている。

葉の上を歩くキモンカミキリ
飛び立つキモンカミキリ
キモンカミキリ
キモンカミキリ
キモンカミキリ
キモンカミキリ
キモンカミキリ

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

カテゴリー

関連記事