ハネカクシ図鑑

ハネカクシ図鑑
2018年8月19日

国内にさえ、まだ多くの未発見種、未記載種がいると言われ、生態もよく分かっていない謎の虫、ハネカクシ。アリの巣でなぜか襲われずに一緒に暮らすハネカクシ、毒を持ちやけど虫の名で知られるハネカクシ、未解明の生態を持つハネカクシなど。

また、ハネカクシは中生代三畳紀の化石からも発見されており、太古から生息する虫でもあります。

そんなハネカクシをここで一挙紹介。

日本のハネカクシの種類・図鑑【見かける頻度】 

※クリックすると写真が大きくなります。

 

名前【見かける頻度】 特徴・生息場所・見つけ方

ヒメキノコハネカクシ
【★★☆☆☆】

ヒメキノコハネカクシ
ヒメキノコハネカクシ

 出典:http://biodb.i.hosei.ac.jp/nagaike/index.html

公園、樹木などにいる。似ているハネカクシに、ヒメハダニカブリケシハネカクシがいる。

シリホソハネカクシ【★★☆☆☆】

シリホソハネカクシの一種
シリホソハネカクシの一種

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Tachyporus_obtusus01.jpg

 

ズグロシリホソハネカクシ【★★☆☆☆】

ズグロシリホソハネカクシ(山梨県北杜市)
ズグロシリホソハネカクシ(山梨県北杜市)

シリホソハネカクシの一種(山梨県北杜市)

 

 

アオバアリガタハネカクシ
【★★☆☆☆】

サイズ:7mm程度 分布:全国
アオバアリガタハネカクシ アオバアリガタハネカクシ

©entomart(https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Paederus_littoralis01.jpg)
やけど虫とも。絶対に触っていけない。触ると、肌がただれ、なかなか直らない。

漢字では青翅蟻形隠翅虫と書く。アオバと名前についているのは、上翅が青いからだが、その青さより赤さが目立つ。

やけど虫(ヤケドムシ)と言われる。強く触ったり潰したりすると、体内の有毒物質ペデリンを含む体液が人に付着し、ミミズ腫れのやけどのような皮膚の炎症を引き起こすためである。

詳しくは「やけど虫」で注意点や対処法を解説。

 

サビハネカクシ

サイズ:14mm程度 分布:北海道、本州、四国、九州など

サビハネカクシが地面にいる

サビハネカクシの背中は美しい

サビハネカクシの特徴は、頭部から背中、腹部にかけて、黒や白、褐色、青みなどの色で不思議な斑紋や模様が広がる点。眺めていて惹きつけられる。

クロサビイロハネカクシ

サイズ:2cm程度 分布:本州,四国

クロサビイロハネカクシ
クロサビイロハネカクシ

クロサビイロハネカクシ

大型のハネカクシ。ハネを隠す部分は赤銅色、黒色赤みが強い色など個体差がある。

平地、低山、田んぼのあぜ、林、湿地などで普通に見られる。

冬は朽木や石の下で越冬する。

似ている種に、アカバハネカクシ(アカバハネカクシは脚の色が淡い褐色なので区別可能)、クロガネハネカクシがいる。

アカバハネカクシ

サイズ:15~19mm程度 分布:北海道、本州、四国、九州。

アカバハネカクシ
羽を出したまま死んでいたアカバハネカクシ

クロサビイロハネカクシ

比較的大きめのハネカクシ。ハネを収納する部分が赤く、脚も褐色。

生物の死骸や糞などを食べる。

庭や雑木林、公園などで、石や落ち葉をめくるとときどく見つける。

すぐに羽を出して飛び立つ。

名前にアカバハネカクシがつくハネカクシは他にもなんと4種もいる(オオアカバハネカクシ、タテミゾツマグロアカバハネカクシ、ツマグロアカバハネカクシ、ウミベアカバハネカクシ)。

メダカハネカクシ

サイズ:5mm程度 分布:本州など

ハネカクシ

ハネカクシ 黒いハネカクシ 黒いハネカクシ

 

ハネカクシ科メダカハネカクシ亜科に属する。4月から11月にかけて池や落ち葉、朽ち木のあたりなどで見られる。

黒く、マットな質感のハネカクシ。目が大きく飛び出しているのが特徴。

フタホシメダカハネカクシやホソフタホシメダカハネカクシなどがいる。触角や脚の転節部の色で区別できる。上翅(羽を隠している部分)の中央に黄褐色の斑が左右対称に計2つあり、触角と脚も黄褐色なのが、ホソフタホシメダカハネカクシ(写真はホソフタホシメダカハネカクシではない)。

ホソフタホシメダカハネカクシ

サイズ:5mm程度 分布:本州など

ホソフタホシメダカハネカクシ
ホソフタホシメダカハネカクシ(山梨県甲府市)
ハネカクシ科メダカハネカクシ亜科に属する。4月から11月にかけて落ち葉、石の下、雑木林、空き地、朽ち木辺りで見られる。
メダカハネカクシと同じく、黒くマットな質感で、目が大きく飛び出しているのが特徴。背中(上翅)に黄褐色あるいは赤みの強の斑が2つあるのが特徴。

セスジチビハネカクシ

サイズ:2.5mm程度 分布:本州など  分類:ヨツメハネカクシ群/チビハネカクシ亜科

セスジチビハネカクシ

セスジチビハネカクシ セスジチビハネカクシの模様 セスジチビハネカクシの頭

 

茶色で泥のついたような模様(実際に汚れなのかもしれない)。

観察していると、お尻の部分(腹部)は硬そうに見えて、柔らかく動く。目の部分、頭部、胴部、腹部が別々によく動く。

ヤマトヒラタキノコハネカクシ?

サイズ:3mm程度 分布:本州など

ハネカクシがいたキノコ

 

キノコの裏のスジの間でじっとしたり、動いていた。キノコを揺らしたら、たくさんハネカクシが落ちてきた。

ヤマトヒラタキノコハネカクシの特徴は、ハネを隠している部分のはしっこが黒ずんでいる点。また、頭や目も黒い。

似ているハネカクシに、ツヤヒラタキノコハネカクシ、ミイロチビハネカクシ、ズグロアカチビハネカクシ、がいるが、こちらは頭部が体色と同じ明るき褐色。

コガシラハネカクシ属の一種

サイズ:10mm程度 分布:本州など

コガシラハネカクシ属の一種
コガシラハネカクシ属の一種

コガシラハネカクシ

コガシラハネカクシ

コガシラハネカクシの一種(同定中)。

おそらく、本種はヒラタカクコガシラハネカクシかオオドウガネコガシラハネカクシと思われる。

コガシラハネカクシ属も種が多彩で、ルリコガシラハネカクシ、チャバネコガシラハネカクシ、クロコガシラハネカクシ、フタイロコガシラハネカクシ、ヒゲナガコガシラハネカクシ、カクコガシラハネカクシ、ヒラタコガシラハネカクシ、オオアカバコガシラハネカクシなどがいる。

オオドウガネコガシラハネカクシ

サイズ:10mm程度 分布:本州〜沖縄 分類:ハネカクシ科/ハネカクシ亜科/コガシラハネカクシ属

オオドウガネコガシラハネカクシ

オオドウガネコガシラハネカクシ

オオドウガネコガシラハネカクシ

 

上翅にほのかに金属光沢があり、それがオオドウガネの由来と思われる。明かりに集まり、せわしなく動く。

ハイイロハネカクシ

サイズ:15mm程度 分布:本州、四国、九州など

 

高山帯、山地、高地の森林帯で見つかる。

詳しい生態は分かっていないが、葉上にじっとしていることが多い。

似ているハネカクシに、オオズハイイロハネカクシ、シラフハイイロハネカクシ(九州で見つかる希少種)などがいる。

ハネカクシの一種(調査中)

サイズ:5mm程度 分布:本州など

 

ホソガタナガハネカクシ【★★☆☆】

サイズ:10mm程度 分布:本州など 分類:ハネカクシ亜科群/ハネカクシ亜科

ナガハネカクシ
ナガハネカクシの一種

ナガハネカクシ

ナガハネカクシ

ナガハネカクシ

ナガハネカクシ

細長いハネカクシ。身体全体にハサミムシのようなつやがあり、上翅(ハネをかくす部分)が茶色。

アカマツの上を歩いていた。

ナガハネカクシ亜科の一種?

サイズ:3mm程度 分布:山梨など

ハネカクシの種類
ハネカクシの一種

ハネカクシの一種

9月、台風のあとに集まった落ち葉の下にいた。細長く、茶色い色をしている。体形からナガハネカクシの仲間である可能性が高い。

ハネカクシの一種

サイズ:5mm程度 分布:山梨など

9月、台風のあとに集まった落ち葉の下にいた。体の形はオオハネカクシに似ているが大きさが違う。

キバネチビハネカクシ?

サイズ: 3mm程度 分布:山梨など

キバネチビハネカクシ

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 3mm程度 分布:山梨など

同定中

ハネカクシの一種

サイズ:2mm程度 分布:山梨など

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 1〜2mm程度 分布:山梨など

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 9mm程度 分布:山梨など

ハネカクシの一種

ハネカクシの一種ハネカクシの一種

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 1〜2mm程度 分布:山梨など

ハネカクシの一種

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 2mm程度 分布:山梨など

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 2mm程度 分布:山梨など



同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 2mm程度 分布:山梨など

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 2mm程度 分布:山梨など

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 3mm程度 分布:山梨など

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 2mm程度 分布:山梨など

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 1〜2mm程度 分布:山梨など


同定中

ヨツメハネカクシ亜科の一種

サイズ: 2〜3mm程度 分布:本州など 分類:ヨツメハネカクシ群

ヨツメハネカクシ
ヨツメハネカクシ

ヨツメハネカクシのお腹

ヨツメハネカクシの頭部

ヨツメハネカクシのお尻

同定中

ハナムグリハネカクシ類の一種

サイズ: 2mm程度 分布:山梨など 分類:ヨツメハネカクシ群/ヨツメハネカクシ亜科/ハナムグリハネカクシ類

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 2mm程度 分布:山梨など

同定中

ハネカクシの一種

サイズ: 2mm程度 分布:山梨など

同定中

※ご意見などapply@smallzoo.netまでいただけると有り難いです。

 

ハネカクシの分類・亜科・種類など

ハネカクシの最新の分類は以下です(2019年 Wikipediaより)。

■Omaliinae-group ヨツメハネカクシ群
・Omaliinae ヨツメハネカクシ亜科
・Empelinae
・Proteininae ハバビロハネカクシ亜科
・Pselaphinae アリヅカムシ亜科
・Glypholomatinae
・Microsilphinae
・Micropeplinae チビハネカクシ亜科
・Neophoninae
・Dasycerinae ニセマキムシ亜科
・Protopselaphinae
■Tachyporinae-group シリボソハネカクシ群
・Phloeocharinae
・Olisthaerinae
・Tachyporinae シリホソハネカクシ亜科(シリボソハネカクシ亜科)
・Trichophyinae ホソヒゲハネカクシ亜科
・Habrocerinae
・Aleocharinae ヒゲブトハネカクシ亜科
■Oxytelinae-group セスジハネカクシ群
・Trigonurinae
・Apateticinae オサシデムシモドキ亜科
・Scaphidiinae デオキノコムシ亜科
・Piestinae ヒラタハネカクシ亜科
・Osoriinae ツツハネカクシ亜科
・Oxytelinae セスジハネカクシ亜科
■Staphylininae-groupハネカクシ群
・Oxyporinae オオキバハネカクシ亜科
・Megalopsidiinae メダカオオキバハネカクシ亜科
・Steninae メダカハネカクシ亜科
・Euaesthetinae チビフトハネカクシ亜科
・Solieriinae
・Leptotyphlinae
・Pseudopsinae スジヒラタハネカクシ亜科
・Paederinae アリガタハネカクシ亜科
・Staphylininae ハネカクシ亜科
ウィキペディア(Wikipedia) ハネカクシ

やけど虫(ヤケドムシ)はアオバアリガタハネカクシ。対処方法と注意点

アオバアリガタハネカクシ
「やけど虫」と言われるアオバアリガタハネカクシ

 

やけど虫とは、アオバアリガタハネカクシのことです。アリガタ(蟻型)という名がつくようにアリに大きさ、形とも似ていますが、色は赤色、オレンジ色が入っているのでアリとすぐ区別できます。

やけど虫の症状
やけど虫の症状

出典:https://www.instagram.com/p/B1DkX_uAhA1/

 

全国の水田や草地、畑、川原、池の周り、朽ち木、石の下など湿気のある場所に生息し、ときどき、農作業などで服などにつきます。大きさは7mm程度で、4月~10月に見かけます。

このやけど虫が人の服や肌(顔、腕、足など)につくと、それを払おうとしたとしたり潰してしまったときに、この虫が持つ有毒物質「ペデリン」が人の肌に付着します。すると数時間度に、やけどのような症状、赤くただれたミミズ腫れのような症状を人の皮膚に引き起こします。また、眼に入ると重篤な炎症を引き起こし危険と言われています。アオバアリガタハネカクシ以外にも近縁種にエゾアリガタハネカクシがいますが、こちらもやけどの症状を引き起こしますが、虫の外見はアオバアリガタハネカクシとよく似ています。

この虫の特徴は、ペデリンが皮膚に付着してから赤くただれるまでに時間差があるため、症状の原因がなんなのかわかりにくくい点です。病院で医師の診断を受けてはじめてやけど虫が原因だと知る人が多いです。地域によっては、ヤモリの尿を触ったからだという迷信がうまれ、「ヤモリのしょんべん」と言われてきました。

対処方法・注意点

もし皮膚にとまったら、叩いたり、潰したりせずに、なるべく刺激しないようにそっと払いのけます。また、そのとき、なるべく皮膚との接触を避けてください。

もし、接触してしまった場合、すぐに患部を大量の水で洗い流します。水で洗い流すことによって毒を希釈、拡散することができます。症状は数時間〜1日前後で現われ、適切な治療の下で10日程度でよくなります。

なぜハネをかくすか?

ハネカクシは甲虫類に属し、国内の甲虫類がほぼ同定されているのに対して、ハネカクシはその多くが未同定、未発見種と言われている。国内で生息するハネカクシは、1,500種以上ともっとも多いと考えられている。

そんなハネカクシ、特徴は背中のとても小さな上翅(ハネをしまうところ)。上翅が異常に小さいのは、地面や枯れ葉の下、石ころの間などを動き回るのに、硬い上翅が邪魔にならず、自由に体(とくに腹部)をくねくね曲げて進むことができるからと言われている。

しかし、地面を動き回るのに適していない作りをしたハネカクシも多くいる。

容器内などに移して観察していると、お尻をそりあげたり、ダンスをするように身体を左右上下にくねくねとリズムを刻んだりするのもハネカクシの特徴で、異常に小さい上翅の理由は缶単位は説明できない。

ハネカクシの標高ごとの分布

ハネカクシの標高ごとの分布-2
ハネカクシの標高ごとの分布

出典:信州大学環境科学年報 32号(2010), http://science.shinshu-u.ac.jp/~bios/Evo/itino/pdf/Asaki%20&%20Itino2010.pdf