蝶(チョウ)

ルリシジミ

ルリシジミの分類 チョウ目/アゲハチョウ上科/シジミチョウ科/ヒメシジミ亜科/ルリシジミ属 ルリシジミの大きさ 12〜19mm(前翅長) ルリシジミを見かける頻度 ★★★★☆ ルリシジミの分布 日本全土 ルリシジミの生態、特徴 オスは紫も帯びた淡い青色。メスは白地にうっすら青く、ふちは黒。 森林や河川、林や都市部の公園などで一般的に見られるチョウ。幼虫はフジやクズ、イタドリ、クララなどを食草する。 …

蝶(チョウ)

クロコノマチョウ

分類 /タテハチョウ科/ジャノメチョウ亜科/コノマチョウ属 見かける頻度 ★★★☆☆ 大きさ 31〜44mm(前翅長) 分布 本州南部、四国、九州 見かける時期 4〜11月 食草 イネ科の植物、ススキ、ジュズダマ、ヨシなど。 クロコノマチョウの特徴・生態 公園、河川敷、森林で見かける。とまっているときは翅を開かないのはジャノメチョウ亜科らしい。ウスイロコノマチョウに似ている。 ゆっくりと飛び、すぐ …

蝶(チョウ)

ヒメアカタテハ

ヒメアカタテハの分類 チョウ目/タテハチョウ科/タテハチョウ族/アカタテハ属/ヒメアカタテハ亜属 見かける頻度 ★★★★☆ 大きさ 30mm程度(前翅長) ヒメアカタテハの分布 北海道〜沖縄。南極大陸を除く全ての大陸に分布。 見かける時期 4月〜10月(成虫) ヒメアカタテハの生態・特徴 水田、あぜ道、畑、道路脇の斜面など比較的日当たりのいい場所でよく見かける。 アカタテハによく似ているが、アカタ …

蝶(チョウ)

ジャノメチョウ

分類 チョウ目/タテハチョウ科/ジャノメチョウ亜科/ジャノメチョウ属 見かける頻度 ★★★★☆ 大きさ 28〜42mm(前翅長) 分布 北海道、本州、四国、九州。 食草 (幼虫)イネ科の植物、カヤツリグサ科の植物など。 ジャノメチョウの特徴・生態 市街地で見かけることはまれだが、里山や田舎の公園、林、森などではよく見かける種。 比較的地面に近いところを、ゆっくりひらひらと飛び回る。ヒメジョオンやア …

蝶(チョウ)

ツマグロヒョウモン〜オスよりメスの方が色鮮やか

ツマグロヒョウモンの分類 チョウ目/タテハチョウ科/ドクチョウ亜科/ヒョウモンチョウ族/ツマグロヒョウモン属 見かける頻度 ★★★★☆ 大きさ 38〜45mm(前翅長) ツマグロヒョウモンの分布 本州〜沖縄(一部北海道に迷いチョウ) 見かける時期 4月〜11月(成虫) ツマグロヒョウモンの生態・特徴 パンジーやスミレ、アザミなどの花に集まる。また、草地の地面にじっとしていることもある。 オスとメス …

蝶(チョウ)

ルリタテハ

分類 チョウ目/タテハチョウ科/タテハチョウ亜科/タテハチョウ族/ルリタテハ属 見かける頻度 ★★★★★ 大きさ 25〜45mm(前翅長) 分布 北海道〜沖縄。全国。 食草 ヤマユリ、オニユリなどのユリ科植物 ルリタテハの特徴・生態 鮮やかな青い帯を上翅、後翅の辺縁にもつ。公園、林、森などでよく見かける。クヌギの樹液などにもよく集まる。 ルリタテハの写真

蝶(チョウ)

アカボシゴマダラ〜特定外来生物

分類 チョウ目/タテハチョウ科/コムラサキ亜科/アカボシゴマダラ属 見かける頻度 ★★☆☆☆ 大きさ 40〜50mm(前翅長) 分布 関東を中心にした本州 食草 エノキ アカボシゴマダラの特徴・生態 市街地や森で見られる。幼虫はエノキを食べる。夏には黒い筋の色味が強く、赤斑が目立つ模様も、春は白化し、赤斑も消える。 アカボシゴマダラは特定外来生物 もともとは中国にいる種。1998年に神奈川県で生息 …

蝶(チョウ)

キアゲハ

分類 チョウ目/アゲハチョウ科/アゲハチョウ亜科/アゲハチョウ族/アゲハチョウ属 見かける頻度 ★★★★☆ 分布 北海道〜九州 大きさ 40mm〜60mmほど(前翅長) キアゲハの特徴・生態 幼虫はセリ科の植物を食べる(ミツバ、シシウド、パセリ、ニンジンなど)。 都市部から山村、高山まで広く分布し、よく見かけるチョウの代表格である。成虫はアザミやツツジの花の蜜を吸う。 キアゲハの写真

蝶(チョウ)

アオスジアゲハ

分類 チョウ目/アゲハチョウ科/アゲハチョウ亜科/アオスジアゲハ族/アオスジアゲハ属/アオスジアゲハ 見かける頻度 ★★★★☆ 分布 本州〜沖縄 大きさ 30〜45mm(前翅長) アオスジアゲハの特徴・生態 明るい翠(みどり)が美しいチョウ。ヒメジオン、レンゲ、アザミなどの花の蜜を吸い、都市部でも公園や道路脇などで見られる。幼虫はクスノキなどを食べる。 青緑色の斑には鱗粉がない。 もともと南方系の …

蝶(チョウ)

キタキチョウ

キタキチョウの分類 昆虫綱/チョウ目/アゲハチョウ上科/シロチョウ科/モンキチョウ亜科/ヤマキチョウ族/キチョウ属 見かける頻度 ★★★★★ 見かける時期 ほぼ一年中(成虫で越冬) 大きさ 〜27mm(前翅長) 分布 本州から沖縄 キタキチョウの生態・特徴 ほとんどの人が見たことがあるチョウ。 丘陵地や農地、山地、森林の林縁部、雑木林など広く分布する。オスは吸水をよく行うため、地面にいる姿を見かけ …

蝶(チョウ)

ミドリヒョウモン

分類 チョウ目/タテハチョウ科/ドクチョウ亜科/ヒョウモンチョウ族 見かける頻度 ★★★☆☆ 大きさ 前翅長35〜40mm程度 分布 北海道〜九州 ミドリヒョウモンの生態・特徴 幼虫はスミレ類を食べる。 ヒョウモン系のチョウは似ている種が多く、飛んでいるときに識別できるのはツマグロヒョウモンくらいで、それ以外の種の区別は困難。メスグロヒョウモン、コヒョウモン、クモガタヒョウモンなどがミドリヒョウモ …

蝶(チョウ)

オオチャバネセセリ

オオチャバネセセリの分類 チョウ目/アゲハチョウ上科/セセリチョウ科/オオチャバネセセリ属 見かける頻度 ★★★☆☆ 体長 前翅長16~23mm 見かける時期 6〜9月(成虫) 生息地 北海道〜九州 オオチャバネセセリの生態 平地から高山にかけて広く生息するが、平地では生息数が減少傾向。他のセセリチョウと同じく、すばやく飛び、耳を澄ませば羽音がきこえる。ススキやタケの仲間を食べる。 オオチャバネセ …