トンボ図鑑

ヒメアカネ

分類 昆虫綱/トンボ目/トンボ科/アカネ亜科/アカネ属 見かける頻度 ★★☆☆☆ ヒメアカネの大きさ 体長28〜38mm 分布 北海道〜九州 見かける時期 7月〜12月 ヒメアカネの特徴・生態 国内に生息する赤トンボの中で最小。ヒメという名前は小さいことから由来。寒さに強く、地域によっては12月でも見かける。 平地〜低山地に生息。水辺から離れた林や草原、湿原に生息する。 未熟な個体はオス、メスとも …

トンボ図鑑

オツネントンボ

分類 昆虫綱/トンボ目/アオイトトンボ科/オツネントオンボ属 名前の由来。オツネンは越年(おつねん) トンボの中では珍しく成虫で越冬する。昔、年を越すことを、越年(えつねん、おつねん)といっていたため、この名がついた。ちなみに、多くのトンボはヤゴのまま越冬する。他に成虫のまま越冬するトンボには、「ホソミオツネントンボ」や「ホソミイトトンボ」がいる。 見かける頻度 ★★☆☆☆ オツネントンボの大きさ …

トンボ図鑑

ハグロトンボ

分類 昆虫綱/トンボ目/カワトンボ科/アオハダトンボ属 見かける頻度 ★★★☆☆ ハグロトンボの大きさ 体長57〜68mm 見かける時期 5〜10月 分布 本州・四国・九州 ハグロトンボの特徴・生態 中型のとんぼ。少し田舎の、ゆるやかな清流や小川で見つけられる。小さな虫を捕まえて食べる。 黒色の翅に明瞭な筋模様が浮き立つ。胴体は金属光沢を帯びた緑色。本州から九州にかけて水辺でよくみかける。オスは体 …

トンボ図鑑

ノシメトンボ

分類 昆虫綱/トンボ目/トンボ科/アカネ亜科/アカネ属 見かける頻度 ★★★☆☆ ノシメトンボの大きさ 体長37〜52mm 分布 北海道〜九州 見かける時期 6月下旬〜11月下旬 ノシメトンボの特徴・生態 腹部の黒い斑紋が熨斗目(のしめ)の模様に似ているため、この名がついた。 赤くはないが赤トンボの仲間。平地〜低山地に生息。 林間、水田付近、池の周りでよく見かける。 他のトンボと比べ警戒心は少なく …

トンボ図鑑

アオハダトンボ〜ハグロトンボに似ているトンボ

分類 昆虫綱/トンボ目/カワトンボ科/アオハダトンボ属 見かける頻度 ★★★☆☆ アオハダトンボの大きさ 体長55mm前後 見かける時期 5〜10月 分布 本州・四国・九州 アオハダトンボの特徴・生態 中型のとんぼ。 黒色の翅に明瞭な筋模様が浮き立つ。胴体は金属光沢を帯びた緑色。本州から九州にかけて水辺でよくみかける。 アオハダトンボとハグロトンボの見分け方 同じアオハダトンボ属のハグロトンボと非 …

トンボ図鑑

ミヤマアカネ

分類 昆虫綱/トンボ目/トンボ科/アカネ亜科/アカネ属 見かける頻度 ★★★☆☆ ミヤマアカネの大きさ 体長3〜4cm程度 分布 日本全土 ミヤマアカネの特徴・生態 中型の赤とんぼ。 羽の先端に幅が広く褐色の帯状紋がある(翅脈まで褐色となるのが特徴で、他のトンボではあまり見られない)。また、4翅の先端手前上部に赤紋(オス)や白紋(メス)がある。オスは胴体部が赤く、メスは淡い赤色。 ミヤマアカネの写 …

トンボ図鑑

オオシオカラトンボ

オオシオカラトンボの分類 昆虫綱/トンボ目/シオカラトンボ属 見かける頻度 ★★★☆☆ 大きさ 体長53~58mm。 オオシオカラトンボの分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄 見かける時期 5月11月(成虫) オオシオカラトンボの生態・特徴 シオカラトンボに似るが、より太く体幹がしっかりしている印象。オスは尻尾先端だけが黒い。メスは赤みのはいった黄色と黒の模様。 里山や山沿いの池の周りや水田、道沿 …

トンボ図鑑

オニヤンマ〜日本最大のトンボ

オニヤンマの分類 昆虫綱/トンボ目/オニヤンマ科/オニヤンマ属 見かける頻度 ★★★☆☆ 大きさ 体長9~11cm。メスの方がオスより大きい。 オニヤンマの分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄 見かける時期 6月〜9月(成虫) オニヤンマの生態・特徴 日本最大のトンボにして、子供たちに一番人気のトンボ。 黒と黄色のくっきりとしたストライプ模様。 空中で他のトンボやオオスズメバチを捕獲する姿は圧巻。 …

トンボ図鑑

トンボの種類・とんぼ図鑑

日本には、200種類近くのトンボが生息しています。ここではその一部を写真や生態・特徴とともにご紹介します。 (★が少ないほど珍しい) オニヤンマ ★★★☆☆ オオシオカラトンボ(オス) ★★★☆☆ オオシオカラトンボ(メス) ★★★☆☆ ミヤマアカネ(メス) ★★★☆☆ ノシメトンボ(メス) ★★★☆☆ ヒメアカネ(メス) ★★☆☆☆ ハグロトンボ ★★★☆☆ アオハダトンボ ★★★☆☆ オツネン …