ヤマトシジミ

ヤマトシジミ

分類

チョウ目/アゲハチョウ上科/シジミチョウ科/ヒメシジミ亜科

見かける頻度

★★★★★

体長

1-1.5cm前後(前翅長)

見かける時期

4〜11月(成虫)

生息地

本州・四国・九州・沖縄

ヤマトシジミの生態・特徴

公園や林、雑木林、草原、人家、河川などで普通に見かける種。食草はカタバミという植物なので、この植物が生えている場所で見られる。

ヤマトシジミとカタバミ
ヤマトシジミとカタバミ

メスはオスよりも暗い青色をしている。

ルリシジミと混同されることが多いが、区別は容易(ルリシジミ)。一方、近縁種のシルビアシジミ(絶滅危惧ⅠB類)との区別は難しい(シルビアシジミの方が前翅表面外縁の黒色部分の幅が広い)。

ヤマトシジミの写真

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ(オス)
ヤマトシジミ
ヤマトシジミ(山梨県北杜市)
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓