オニヤンマ〜日本最大のトンボ

オニヤンマ〜日本最大のトンボ
2020年10月15日

オニヤンマの分類

昆虫綱/トンボ目/オニヤンマ科/オニヤンマ属

見かける頻度

★★★☆☆

大きさ

体長9~11cm。メスの方がオスより大きい。

オニヤンマの分布

北海道、本州、四国、九州、沖縄

見かける時期

6月〜9月(成虫)

オニヤンマの生態・特徴

日本最大のトンボにして、子供たちに一番人気のトンボ。

黒と黄色のくっきりとしたストライプ模様。

空中で他のトンボやオオスズメバチを捕獲する姿は圧巻。

里山や山沿いの小川沿いでよく見かける。シオカラトンボのようにあまり枝などにとまっている様子は見かけず。小川沿いをパトロールするかのようにゆっくりと飛翔している様子をよく見かける。

網を振れば素早く飛び去ってしまうため、捕まえるのは容易ではないが、小川沿いを何度も往復する習性を知っていれば、通り道でじっと待ち構え、場合によっては素手で捕獲することもできる。筆者は小学生がそのようにして捕獲したのを目の前で見たことがある。

オニヤンマに似ているトンボ

ダビドサナエやコオニヤンマがオニヤンマと似ているトンボだが、大きさで区別できる。

オニヤンマの写真

オニヤンマ(山梨県韮崎市)
オニヤンマ(山梨県韮崎市)
オニヤンマ(山梨県韮崎市)
オニヤンマ(山梨県韮崎市)
オニヤンマ(山梨県韮崎市)
オニヤンマ(山梨県韮崎市)
オニヤンマ
オニヤンマ
オニヤンマ
オニヤンマ
オニヤンマ
オニヤンマ
オニヤンマ
オニヤンマ
オニヤンマ
オニヤンマ
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓