オオシオカラトンボ

オオシオカラトンボ

オオシオカラトンボの分類

昆虫綱/トンボ目/シオカラトンボ属

見かける頻度

★★★☆☆

大きさ

体長53~58mm。

オオシオカラトンボの分布

北海道、本州、四国、九州、沖縄

見かける時期

5月11月(成虫)

オオシオカラトンボの生態・特徴

シオカラトンボに似るが、より太く体幹がしっかりしている印象。オスは尻尾先端だけが黒い。メスは赤みのはいった黄色と黒の模様。

里山や山沿いの池の周りや水田、道沿いなどでよく見かける。シオカラトンボと比べると水辺への依存は強い。頻繁に水辺のアシや水上に顔を覗かせた水草にとまる。

オオシオカラトンボに似ているトンボ

シオカラトンボ、コシアキトンボなど

オオシオカラトンボの写真

オオシオカラトンボ(オス)
オオシオカラトンボ(オス)
オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ(メス)
オオシオカラトンボ(メス)
オオシオカラトンボ(メス)
オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボの交尾
 
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓