シオヤトンボとシオカラトンボの違い・見分け方〜シオヤトンボの尾は太く短いが、シオカラトンボの尾は細長い。

シオヤトンボとシオカラトンボの違い・見分け方〜シオヤトンボの尾は太く短いが、シオカラトンボの尾は細長い。
2021年1月19日

(上の写真はシオヤトンボ)

シオカラトンボとシオヤトンボは似ているが、尾の部分がシオヤトンボの方が太く(正確には扁平している)短いため、見慣れると遠くからでもすぐに見分けることができる。

シオヤトンボとシオカラトンボの違い・見分け方

見分けポイントは以下。

尾(腹部)の形がちがう

シオヤトンボ:小柄で腹部が扁平で短い

シオヤトンボの尾は太く短い

シオカラトンボ:細長い。くびれがある。

シオカラトンボ
シオカラトンボの尾は細長い

縁紋の色が違う

シオヤトンボ:縁紋が橙褐色

シオカラトンボ:縁紋が黒色

シオヤトンボの縁紋は橙褐色
シオヤトンボの縁紋は橙褐色
シオカラトンボの縁紋は黒色
シオカラトンボの縁紋は黒色

尾(腹部)の先端の黒み具合

シオヤトンボ:腹部に黒い部分が小さい。

シオカラトンボ:腹部先端の黒い部分が長い。

大きさが違う

シオカラトンボの全長:50~60mm
シオヤトンボの全長:39~47mm

翅の付け根の色が違う

シオヤトンボ:付け根だけ赤褐色

シオカラトンボ:透明