アオイトトンボ

アオイトトンボ

アオイトトンボの分類

トンボ目/イトトンボ亜目/アオイトトンボ科/アオイトトンボ属

アオイトトンボの大きさ

34〜48mm(全長)

アオイトトンボの見かける頻度

★★★★☆

アオイトトンボの分布

北海道、本州、四国、九州

アオイトトンボの特徴、生態

田舎でよく見られるトンボ。山地や水田、池の周り、平地などに見られ、比較的水質の悪い場所でも繁殖可能。

オオアオイトトンボやコバネアオイトトンボに似るが、胸部側面の金属光沢の広がりの違いで区別可能。

オオアオイトトンボとアオイトトンボの違い

オオアオイトトンボとアオイトトンボの違い
オオアオイトトンボとアオイトトンボの違い

【区別ポイント】

・胸部側面に小さな三角の緑色金属光沢があればアオイトトンボ。ここが、尻尾側の線までべったりくっついていればオオアオイトトンボ。

・下段の緑色金属光沢が目元までつながっていなければアオイトトンボ。目元までつながっていればオオアオイトトンボ。

アオイトトンボの写真

アオイトトンボ
アオイトトンボ
アオイトトンボ
アオイトトンボ
アオイトトンボ
アオイトトンボ
アオイトトンボ
アオイトトンボ
アオイトトンボ
アオイトトンボ