オツネントンボ

オツネントンボ

分類

昆虫綱/トンボ目/アオイトトンボ科/オツネントオンボ属

名前の由来。オツネンは越年(おつねん)

トンボの中では珍しく成虫で越冬する。昔、年を越すことを、越年(えつねん、おつねん)といっていたため、この名がついた。ちなみに、多くのトンボはヤゴのまま越冬する。他に成虫のまま越冬するトンボには、「ホソミオツネントンボ」や「ホソミイトトンボ」がいる。

見かける頻度

★★☆☆☆

オツネントンボの大きさ

体長37〜40mm

見かける時期

3〜12月

分布

北海道・本州・四国・九州

オツネントンボの特徴・生態

平野から低山地にかけての池や小川で見られる。

全体に淡褐色。オス、メスの違いはほとんどない。

イトトンボの仲間だが、体は太め。初夏に羽化し、未熟成虫のまま越冬し、翌年春に交尾して水辺に産卵する。その頃には、眼が青くなる。

翅の先端上部にある縁紋は、翅を閉じた時に前翅と後翅で重ならず、前後に並ぶ(下図)。

オツネントンボは縁紋が重ならない
オツネントンボは縁紋が重ならない

「ホソミオツネントンボ」との見分け方

オツネントンボは(未熟な)ホソミオツネントンボと似ているが、翅の縁紋の重なり具合で見分けられる。翅を閉じたときに、オツネントンボは翅の縁紋が重ならないが、ホソミオツネントンボは翅の縁紋がきれいに重なる

オツネントンボの写真

オツネントンボ
オツネントンボ
オツネントンボ
オツネントンボ
オツネントンボ
オツネントンボ