アサヒナカワトンボ

アサヒナカワトンボ
2021年1月8日

アサヒナカワトンボの分類

トンボ目/イトトンボ亜目/カワトンボ科

アサヒナカワトンボの見かける頻度

★★★☆☆

アサヒナカワトンボの大きさ

43~58mm

アサヒナカワトンボの分布

本州〜九州

アサヒナカワトンボの成虫が見られる時期

5月〜8月

アサヒナカワトンボの特徴、生態

DNAに基づき分類されるまでは、オオカワトンボ、ヒガシカワトンボ、ニシカワトンボの3種がいたが、現在はニホンカワトンボとアサヒナカワトンボに分類された。

ミヤマカワトンボよりも小型のカワトンボ科。ニホンカワトンボと同じく、渓流や中流域、自然豊かな地方や山沿いの清流、平地や丘陵地の綺麗な流れなどで見られる。長野県ではアサヒナカワトンボが多く見られる。

青緑色の金属光沢を持ち、オスは腹全体は白っぽい粉を吹く。

アサヒナカワトンボの個体差、縁紋の色、翅の色など

オス、メスとも、縁紋の色が褐色だったり白色だったり、翅の色が橙色だったり透明だったりと、個体差がある。具体的には以下。

縁紋は2タイプある

・縁紋が赤褐色

・縁紋が白色

※オスは縁紋が赤で、メスは縁紋が白とも言われますが、必ずしもこの区別が正しいかは不明。

翅も2タイプある

・『橙色』タイプ

・『無色翅』タイプ

アサヒナカワトンボ
縁紋が白く翅が透明なアサヒナカワトンボ

アサヒナカワトンボとミヤマカワトンボの違い

縁紋が小さく太ければ、アサヒナカワトンボ。細長ければミヤマカワトンボ。

アサヒナカワトンボの縁紋
アサヒナカワトンボの縁紋は太く短い

アサヒナカワトンボの写真

アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボの縁紋
アサヒナカワトンボの縁紋
アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ
縁紋が白く翅が透明なアサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ
縁紋が白く翅が透明なアサヒナカワトンボ
縁紋が白く翅が透明なアサヒナカワトンボ