シナノサビカミキリ

シナノサビカミキリ

シナノサビカミキリは、山地などに生息する小型のカミキリムシ 。

シナノサビカミキリの特徴、生態など

山地、低山、高山のブナ林、なかでもマツ科針葉樹に生息する。

長野県で採取されて命名されたため、『シナノ』と付く。

頭部に小さな陥没部分がある。また、上翅にはうっすらと縦のすじが見られる。

大きさは12〜>20mmと幅があり、体色も黒色から暗赤色まで多様。触覚の長さも上翅の末端に届くものや届かないものなど違いがある。

シナノサビカミキリの写真