クスベニカミキリ

クスベニカミキリ
2020年10月9日

クスベニカミキリは絶滅危惧種

長野県・山梨県などの中部地方などでは普通に見られるが、東京や九州の一部の都道府県ではレッドリスト(絶滅危惧種)に登録されている。

分類

カミキリムシ科/カミキリ亜科/クスベニカミキリ族/クスベニカミキリ属/クスベニカミキリ

見かける頻度

★★☆☆☆

サイズ

15〜19mm

生息

北海道〜九州

クスベニカミキリの生態・特徴

カミキリムシの中で飛び方に特徴があり、上翅を上に上げずに、脇から内側の羽を出して飛ぶため、器用に飛ぶ。

前胸背板が赤い個体がほとんどだが、黒い個体もまれにいる。山梨県では北杜市で黒い個体が見られた。

クスベニカミキリの写真

クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ(山梨県北杜市)
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ(山梨県北杜市)
クスベニカミキリ
クスベニカミキリ