キイロトラカミキリ

キイロトラカミキリ

コウチュウ目/カミキリムシ科/カミキリ亜科/トラカミキリ族/キイロトラカミキリ属/キイロトラカミキリ 

見かける頻度

★★★☆☆

サイズ

12〜20mm程度

分布

本州、四国、九州

キイロトラカミキリの特徴・生態

体が細かい毛に覆われており、胸部と背中にはうすい黄色に黒い線が入り込んだ模様を持つ。

幼虫は雑木林のコナラ、クヌギなどの枯れ木の中にいる。

土場や枯れ木の上にいることが多い。5月〜6月に成虫がたくさん見つかることが多い。

キイロトラカミキリの写真

キイロトラカミキリ
キイロトラカミキリ
キイロトラカミキリ
キイロトラカミキリ
キイロトラカミキリ
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓