カナブン

カナブン

分類:コウチュウ目/コガネムシ科/ハナムグリ亜科
分布:本州・四国・九州など
見られる時期:夏

カナブン Rhomborrhina japonica

カナブンには茶、緑、銅、赤、藍色などいろいろな金属光沢をもつ個体がいますが、その個体差とは別に、アオカナブン、クロカナブンという別種も日本には生息しています。
なかでもカナブンの緑色個体とアオカナブンは似ているので、一目では区別は難しいです。捕まえてお腹側を見てみると区別できます。左右の後ろ脚の付け根が離れていたらカナブン、近ければアオカナブン(またはクロカナブン)。また、アオカナブンの方が体が全体的に細長い傾向がありますが、これだけで判断するのはなかなか難しいようです。

アオカナブン Rhomborrhina unicolor

北海道・本州・四国・九州に生息します。気温が高くなっている今日、昔は見られたのに最近見られなくなった地域が増えています。カナブン緑型個体との違いは以下。

・より金属光沢が強い。

・後脚の左右の付け根(基節)が接している。

・上翅がカナブンより細長い。

クロカナブン Rhomborrhina polita

本州・四国・九州に生息します。分類上はカナブンよりもアオカナブンに近縁な種です。光沢のある黒色が美しいのですが、カナブンに比べくさい、独特の匂いがします。

他のカナブンに比べ、繁殖速度が遅いことが分かっています。そのためもあってか、現在全国的に個体数が減っています。

カナブン、アオカナブン、クロカナブンの写真

カナブン(山梨県韮崎市)
カナブン(山梨県韮崎市)
左上からカナブン、クロカナブン、アオカナブン
カナブン(山梨県韮崎市)
カナブン(山梨県韮崎市)
カナブン(山梨県韮崎市)
カナブン(山梨県韮崎市)
カナブン(中央)とアオカナブン
クロカナブン。くさいけど
クロカナブン。くさいけど持ってみた
クロカナブン(山梨県韮崎市)
クロカナブン(山梨県韮崎市)
クロカナブン(山梨県韮崎市)