アズマヒキガエルとニホンヒキガエルの見分け方

アズマヒキガエルとニホンヒキガエルの見分け方

アズマヒキガエルとニホンヒキガエルの見分け方は以下。

【見分けポイント①】生息地域で見分ける

ニホンヒキガエル:近畿地方南部から四国、九州に生息。

ニホンアマガエル:東北から近畿にかけて生息(ただし、島根県にも自然分布)

【見分けポイント②】鼓膜の位置で見分ける

ニホンヒキガエル:『鼓膜の幅(直径)』よりも『目と鼓膜の間』の方がはるかに長い。

ニホンアマガエル:『鼓膜の幅(直径)』よりも『目と鼓膜の間』の方が短い、あるいは同程度。

※耳腺から毒液が出るため、素手では触ってはいけない。

アズマヒキガエルとニホンヒキガエルの区別-2
アズマヒキガエルは「鼓膜の幅」が「目と鼓膜の間の幅」より大きい、ないし同程度(左右ともアズマヒキガエル)