ヨツボシテントウ

ヨツボシテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/クチビルテントウ亜科/ヨツボシテントウ族/ヨツボシテントウ

見かける頻度

★★☆☆☆

見られる時期

5-8月

サイズ

4mm程度

ヨツボシテントウ
ヨツボシテントウ

分布

本州・四国・九州

ヨツボシテントウの生態・特徴

成虫、幼虫ともアブラムシを食べる肉食。

4つの大きな黒紋が背中にある。表面は細かい毛で覆われている。ベダリアテントウと似ているが、本種は上翅の縁が黒ずんでいて、それが全体的に暗いイメージを与える。

都市部ではほとんど見かけない。田舎や山沿い、山地では地域によっては個体数は多い。ただし、小さなテントウなので注意して探さないとなかなか見つけることはできない。

機敏に動き、気配を察知するとすばやく飛んで逃げる。

ヨツボシテントウの写真

ヨツボシテントウの写真
ヨツボシテントウの写真(photolibraryより)
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓