オオヒラタゴミムシ

オオヒラタゴミムシ
2020年11月4日

分類

コウチュウ目/オサムシ科/ナガゴミムシ亜科/ヒラタゴミムシ族

見かける頻度

★★★★☆

体長

12〜16mm

見かける時期

春先から秋の終わりまでだが、冬でも見かけることがある。

分布

北海道〜九州

オオヒラタゴミムシの特徴・生態

オオヒラタゴミムシは比較的よく見かけるゴミムシの一種。オサムシとは異なり、飛ぶことができる。ライトトラップでもよく飛んでくる。
胸部が後ろにいくに従い細くなり、縁取りがあるのが特徴。
ヨシ原や水畑、川沿いの地面でよく見られる。冬でも見かけることがあるが、基本的には朽ち木や石の下でじっとして越冬している。

オオヒラタゴミムシ
オオヒラタゴミムシ