クロヘリヒメテントウ

クロヘリヒメテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/ヒメテントウ亜科/ヒメテントウ族/クロヘリヒメテントウ

見かける頻度

★★★☆☆

見られる時期

5〜10月

サイズ

2〜3mm
クロヘリヒメテントウ
クロヘリヒメテントウ

分布

北海道〜九州

クロヘリヒメテントウの特徴・生態

空き地の雑草や河川敷にいる。

クロヘリヒメテントウは、長い赤斑紋が特徴だが、その小ささのため、その斑紋は肉眼ではなかなか判別できない。

斑紋が長くのびる模様は、ベニヘリテントウやアカヘリテントウにも似ている。

クロスジヒメテントウやカグヤヒメテントウやニセセスジヒメテントウにも模様が似ている。

クロヘリヒメテントウの写真

クロヘリヒメテントウの拡大写真
クロヘリヒメテントウ
クロヘリヒメテントウのお腹
クロヘリヒメテントウのお腹

 

スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓