ホソカミキリ

ホソカミキリ
2021年5月16日

見かける頻度

★★★☆☆

ホソカミキリの写真

ホソカミキリ
樹皮を歩くホソカミキリ
ホソカミキリ
樹皮を歩くホソカミキリ
ホソカミキリ
苔の上を歩くホソカミキリ
ホソカミキリ
ホソカミキリ
ホソカミキリ
ホソカミキリ
ホソカミキリ
長い触覚が特徴のホソカミキリ

ホソカミキリの分類

コウチュウ目/ホソカミキリ科/ホソカミキリ属

ホソカミキリの大きさ

20〜30mm

ホソカミキリの分布

北海道〜九州

ホソカミキリの特徴・生態

触覚が長いことが最大の特徴。

体色は黒色から褐色。頭部、胸部を中心に赤褐色を強く帯びる個体もいる。

脚は黒く、上翅はお尻に向かうほど細くなり、末端はすぼむ。

マツなどの枯れ木や土場で見られ、昼に周辺の木の樹皮を歩いている姿を見かけることもある。街灯などの灯火やライトトラップに集まる。ホストはマツやクヌギなどの広葉樹。

国内に生息するホソカミキリ属は本種のみ(一属一種)。