アシナガアリ

アシナガアリ

アシナガアリの分類

アリ科/フタフシアリ亜科/アシナガアリ属

アシナガアリの大きさ

働きアリ:5〜8mm 女王アリ:10mm

アシナガアリを見かける頻度

★★★★☆

アシナガアリを見かける時期

春〜秋

アシナガアリの分布

北海道〜九州

アシナガアリとクロナガアリの区別

アシナガアリとクロナガアリは似ているが、以下の点で区別できる。

・アシナガアリの方がより褐色で、クロナガアリは黒っぽい点

・頭部の形が違う。アシナガアリは細長の楕円、クロナガアリは横長である点

アシナガアリの生態・特徴

広く一般的に見られるが、どちらかというと、田舎の公園や河川沿い、コンクリートの地面のコケなどが生えているところ、湿っている階段などにいる。

小さなコウチュウやイモムシを捕らえて食べる。女王アリは一つの巣に1匹。

国内ではアシナガアリ属のアリは15種いる。

腹柄(ふくへい)という、腹部と胸部をつなげるコブが2つある。

アシナガアリの写真

アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ
アシナガアリ