やけど虫ってなに?その生態、症状、対処法、対策について

やけど虫ってなに?その生態、症状、対処法、対策について
2019年10月13日

やけど虫はその名の通り、触ったり潰したりすると、(化学的に)やけどをしてしまう虫です。注意する必要があるので、解説します。以下がやけど虫でおでこをやけどした人の様子です(インスタに掲載されていた画像)。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

rumxrumさん(@rumxrumxhanoi)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/p/B1DkX_uAhA1/

 

やけど虫(ヤケドムシ)とは?生態について

アオバアリガタハネカクシ
「やけど虫」と言われるアオバアリガタハネカクシ

出典:wikipedia

 

やけど虫はアオバアリガタハネカクシやエゾアリガタハネカクシのことです。

アリガタ(蟻型)という名がつくようにアリに大きさ、形とも似ていますが、色は赤色、オレンジ色が入っているのでアリとすぐ区別できます。

全国の水田や草地、畑、川原、池の周り、朽ち木、石の下など湿気のある場所に生息し、ときどき、農作業などで服などにつきます。大きさは7mm程度で、4月~10月に見かけます。

やけど虫の症状。こうなるとやけどする

このやけど虫が人の服や肌(顔、腕、足など)につくと、それを払おうとしたとしたり潰してしまったときに、この虫が持つ有毒物質「ペデリン」が人の肌に付着します。すると数時間度に、やけどのような症状、赤くただれたミミズ腫れのような症状を人の皮膚に引き起こします。また、眼に入ると重篤な炎症を引き起こし危険と言われています。アオバアリガタハネカクシ以外にも近縁種にエゾアリガタハネカクシがいますが、こちらもやけどの症状を引き起こしますが、虫の外見はアオバアリガタハネカクシとよく似ています。

この虫の特徴は、ペデリンが皮膚に付着してから赤くただれるまでに時間差があるため、症状の原因がなんなのかわかりにくくい点です。病院で医師の診断を受けてはじめてやけど虫が原因だと知る人が多いです。地域によっては、ヤモリの尿を触ったからだという迷信がうまれ、「ヤモリのしょんべん」と言われてきました。

やけど虫の対処方法・注意点

もし皮膚にとまったら、叩いたり、潰したりせずに、なるべく刺激しないようにそっと払いのけます。また、そのとき、なるべく皮膚との接触を避けてください。

もし、接触してしまった場合、すぐに患部を大量の水で洗い流します。水で洗い流すことによって毒を希釈、拡散することができます。症状は数時間〜1日前後で現われ、適切な治療の下で10日程度でよくなります。