ハクセキレイ

ハクセキレイ
2020年7月2日

ハクセキレイの分類

スズメ目/セキレイ科/セキレイ属

ハクセキレイの大きさ

21cm(体長)

ハクセキレイの分布

北海道〜九州

ハクセキレイの生態・特徴

かつては北海道や青森などで繁殖が観察されるだけでしたが、現在は本州、四国、九州へと繁殖地域を広げ、身近な鳥となりました。川沿いや水田、公園、道路などでよく見かけ、虫やパンくずなどを食べます。
飛び方は、ムクドリのようにずっと翼をパタパタさせるわけではなく、どちらかというとヒヨドリのように必要最低限に翼を開き、省エネ飛行。
尾羽は長く、歩いているとき、止まっているとき、飛行中にと、尾羽を上下にせわしなく振るのが特徴です。これは、他のセキレイ(セグロセキレイ、キセキレイなど)にも同様に見られます。

ハクセキレイとセグロセキレイの見分け

ハクセキレイとセグロセキレイは体型は同じで、体色(色の模様)で区別できる。

ハクセキレイ

・頭から背にかけて黒い部分がつながっていない。

・顔のほおが白い。頭部は全体的に白い部分が多い。個体によっては、体全体がほぼ白いものもいる。

・(冬・冬羽の場合)背中の灰色の部分が目立つ。ただし夏は黒くなる。

セグロセキレイ

・頭から背にかけての黒い部分がつながっている。

・(冬)冬も黒い部分が薄くならない(ハクセキレイは冬は背中などの色が薄くなり、灰色になる)

ハクセキレイの写真

ハクセキレイ
ハクセキレイの成鳥と幼鳥(右)(山梨県韮崎市)
ハクセキレイ
ハクセキレイ(山梨県韮崎市)
ハクセキレイ
エサをねだるハクセキレイの幼鳥(山梨県韮崎市)
ハクセキレイ
ハクセキレイ(山梨県韮崎市)
ハクセキレイ
ハクセキレイ(山梨県韮崎市)
ハクセキレイ
ハクセキレイ

ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ(冬は背中が灰色となる)
ハクセキレイ(冬は背中が灰色となる)
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイ
ハクセキレイは頬が白い(夏)
ハクセキレイ
ハクセキレイ