ハイイロヤハズカミキリ

ハイイロヤハズカミキリ

【分類】フトカミキリ亜科/サビカミキリ族/ハイイロヤハズカミキリ属
【見かける頻度】★★★☆☆
【体長】12~20mm
【見かける時期】春から夏。4〜8月
【生息地】本州・四国・九州・沖縄

ハイイロヤハズカミキリの特徴・生態

体色は灰色で細かい毛に覆われており、上翅の先端が尖る様子がまるで矢筈(やはず、矢の一番後ろの、弓の弦をひっかけるところ)に似ていることからこの名に。竹(マダケなど)や笹(ネザサなど)のイネ科の植物を宿主として産卵する。

ハイイロヤハズカミキリの写真

ハイイロヤハズカミキリ
ハイイロヤハズカミキリ(山梨県韮崎市)
ハイイロヤハズカミキリ
ハイイロヤハズカミキリ(山梨県韮崎市)
ハイイロヤハズカミキリ
ハイイロヤハズカミキリ
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓