ゴジュウカラ

ゴジュウカラ

ゴジュウカラの分類

スズメ目/ゴジュウカラ科/ゴジュウカラ属

ゴジュウカラの大きさ

13cm(全長)

ゴジュウカラの分布

北海道〜九州

ゴジュウカラの生態・特徴

コゲラのように木の幹に沿って進み、樹皮の間の虫や種子を探して食べる。

背中や尾は青灰色でお腹が白い。一度見れば覚えやすい鳥である。

キツツキが開けた穴を横取りしたり、古い穴を再利用して巣にして卵を産む。その際、入り口を狭くするため泥で入り口のふちを固める。

シジュウカラやエナガ、キクイタダキなどと混群を作って、深山や落葉広葉樹林林をゆっくり移動する。

頭を下にして逆さまに幹を降りる姿をよく見かけるが、この動作はキツツキ科にはできない。

ゴジュウカラの写真

ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)
ゴジュウカラ(山梨県早川町)