バン(野鳥)〜田んぼの番をしてるみたいだからバンと名が付いた

バン(野鳥)〜田んぼの番をしてるみたいだからバンと名が付いた

バン(鷭)

鳩くらいの大きさのバンは水田をよく歩き回りますが、その様子から田んぼの番をしてるみたい→「バン」と名が付いたと言われています。鳴き声は人の笑い声に似ています。

全長

32cm

分類

ツル目/クイナ科

ヤンバルクイナと同じ仲間です。確かにヤンバルクイナに似ています。

沖縄本島北部に生息する絶滅危惧種ヤンバルクイナ

学名

Gallinula chloropus

分布

全国(東日本では夏鳥、西日本では留鳥)

特徴・生態

額からくちばしにかけて(額板くちばし)が鮮やかな赤色で、くちばしの先だけがちょこっと黄色。ただし冬にはこの赤色は消えます。
沼地や池、湖、水田などに生息し、昆虫や植物、貝などを食べます。
メスオス同じ姿です。

希少性

日本の環境省レッドリスト2020には掲載されていませんが、青森県、埼玉県、千葉県など複数の都道府県のレッドリストで準絶滅危惧(NT)や情報不足(DD)として掲載されています。

バンの写真

バンの子育て
バンの子育て
諏訪湖のバン
諏訪湖のバン
バン
バン
諏訪湖のバン
諏訪湖のバン
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓