アトリ

アトリ
2020年3月13日

アトリの特徴、生態

【スズメ目/アトリ科/アトリ属】
【見かける頻度:★★☆☆☆】
【鳴き声:「チューン」「キョ、キョ、キョ」、(春先に)「ビー」「ジュイー」「ビーン」】

秋にシベリアから大群で日本全国にやってくる渡り鳥(冬鳥)。夏は顔全体が黒くなる。漢字は花鶏(アトリ)。

田舎の林、森林、里山で見られ、小さな群れで木の高い部分にいることが多い。またカワラヒワといっしょにいることもある。種子、花、果実、虫、木の芽などを食べる雑食。

アトリの名前の由来

名前の由来は、大群のため「集鳥」(あつとり)の呼び名が変わって、アトリになったと言われている。

アトリの写真

アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ(山梨県北杜市白州)
アトリ
アトリ(山梨県北杜市白州)
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓