【共生関係】アブラムシは甘い液をアリにあげてテントウムシから守ってもらうって本当ですか?

【共生関係】アブラムシは甘い液をアリにあげてテントウムシから守ってもらうって本当ですか?

本当です。
アブラムシはお尻から甘露という甘い液を出し、それをアリが食べます。アリは甘露を欲しいので、アブラムシの天敵であるテントウムシやカゲロウが近づくと追い払います。

アリと共生関係のアブラムシとテントウムシこのように異なる生物種が互いに利益を得る関係を共生の中でも「相利共生」と呼びます。一部のアブラムシはアリとの相利共生によってテントウムシから身を守っています。

ただ、アリと相利共生を持つアブラムシは全アブラムシ種のせいぜい3割程度でしかなく、またアリがアブラムシを食べてしまうこともあるなど、詳しいことは分かっていないそうです。さらに新説では、アブラムシがお腹で飼っている共生細菌(バクテリア)の含めた三者の関係を考えなければ、この現象は説明できないのではないかと言う研究者もいます。

ちなみに、アブラムシがお尻から出す甘露の成分は、アブラムシが草のし管(維管束の一部)の成分である砂糖やアミノ酸だそうです。甘みが少なくなると、アブラムシがアリに食べられたという報告もあるそうです。アブラムシも命がけですね。