トホシテントウ

トホシテントウ

コウチュウ目/テントウムシ科/マダラテントウ亜科/マダラテントウ族/トホシテントウ

見かける頻度

★★☆☆☆

見られる時期

6-8月

サイズ

6-9mm程度
トホシテントウ
トホシテントウ

分布

北海道、本州、四国、九州

トホシテントウの特徴・生態・害虫性

畑や林、公園などの草地にいる。広く分布するが、単独でいるため、見かけることはあまりない。草食性で、ウリ科植物、カラスウリの葉などを食べる。同じ草食性でも、ニジュウヤホシテントウはナス科植物に大損害を当たる害虫として知られている。トホシテントウが農作物に被害を与える害虫という認識はあまりないのは、本種が食べるカラスウリが栽培作物ではないからと思われる。

多くのテントウが成虫で越冬するのに対して、トホシテントウは幼虫で越冬する。

トホシテントウの写真

トホシテントウの写真
トホシテントウ
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓