ネジロカミキリ

ネジロカミキリ

ネジロカミキリは、体調6~8mmと小型の、本州から九州に分布するカミキリムシ。黒と白の体をし、少し青みがかった毛が生えている。タラノキの枯れ木、ブナ、ニレ、クリなどの広葉樹の立枯れなどに現れる。春先から里山などで一般的に見られる種だが、都道府県によっては絶滅危惧種Ⅰ種や準絶滅危惧種などに指定されている場合がある(東京都、千葉県、神奈川県)。

見かける頻度

★★☆☆☆

ネジロカミキリの擬態

ネジロカミキリは枝にじっとしていることが多く、そうなると見つけにくい。まるで枝に付いた鳥の糞のように見えるためである。おそらく、それを狙って擬態していると思われる。触角をきれいにしまい込んでいるところに、本気度がうかがえる。

ネジロカミキリの写真