ミゾゴイ〜世界で1000羽以下、ヤンバルクイナより少ない鳥

ミゾゴイ〜世界で1000羽以下、ヤンバルクイナより少ない鳥
2020年8月12日

分類:ペリカン目/サギ科/ミゾゴイ属
分布:本州以南(本州・四国・九州・沖縄など)
大きさ:50㎝
鳴き声:「プォー、プォー」

首あたりから上は赤褐色、首より下は褐色の全体的に地味な鳥です(成鳥)。喉元や胸元は白っぽい色をしていて、冠羽があります。

ミゾゴイは絶滅危惧種。環境省レッドリスト2020で絶滅危惧Ⅱ類

絶滅危惧種Ⅱ類(絶滅の可能性が増大している)
絶滅危惧種Ⅱ類(絶滅の可能性が増大している)
絶滅危惧種カテゴリー(ランク)の概要
絶滅危惧種カテゴリー(ランク)の概要

ミゾゴイは絶滅危惧種です。環境省レッドリスト2020のカテゴリーは、絶滅危惧Ⅱ類。推定個体数は世界で1000羽以下、これは同じく絶滅危惧種のヤンバルクイナ(1500〜2000羽)、タンチョウ(2200)よりも少ない数です。

日本で繁殖し、冬になるとフィリピンなど南方へ渡る渡鳥です(一部の個体は日本で冬を越すと見られています)。

夜行性か昼行性かさえ、まだはっきり分かっておらず(おそらく昼行性)、森の奥深くに生息するため生態も詳しく分かっていません。

ときどき都会に現れることがあり、最近だと浜松城や新宿駅に現れてニュースになりました。渡りの途中に舞い降りたのでしょうか?あるいは、そこで暮らそうと思ったのでしょうか?(下のツイート引用は新宿駅での発見の様子)。

 

似た仲間にズグロミゾゴイがいますが、こちらは日本に広く分布するミゾゴイと異なり、石垣島・黒島・西表島に生息します。

ミゾゴイの幼鳥・成鳥、オス・メスの違い

幼鳥は成鳥よりも黒色が強く、翼や頭部は白黒のまだら模様があります。オスとメスで大きな違いはなく、一目で区別することは難しいようです。

ミゾゴイの写真

ミゾゴイの成鳥
ミゾゴイの成鳥(写真AC:ニラロビンさんより)
ミゾゴイ(写真AC:toraemonさんより)
ミゾゴイ
ミゾゴイ(写真AC:toraemonさんより)
ミゾゴイ幼鳥
ミゾゴイ(写真AC:toraemonさんより)