ミヤマカミキリ

ミヤマカミキリ

分類

コウチュウ目/カミキリムシ科/カミキリ亜科/ミヤマカミキリ族

見かける頻度

★★★★☆

サイズ

14〜30mm前後

生息

本州〜沖縄

ミヤマカミキリの特徴・生態

国内の大型のカミキリムシ。

雑木林でクワガタなどを採取している時に見つけることもあるのは、本種がクヌギやコナラなどの樹液を吸うため。また、夜行性で灯りに飛んでくることもある。

幼虫はクヌギなどの生木の中で成長するので、雑木林の害虫とも言われる。ミヤマカミキリモドキという似た虫がいるが、違いはミヤマカミキリモドキには青い光沢があり、地面を歩く習性がある点。

ミヤマカミキリの写真

ミヤマカミキリ
ミヤマカミキリの写真
ミヤマカミキリ
ミヤマカミキリの写真
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓