アトホシヒメテントウ

アトホシヒメテントウ
2020年3月29日

アトホシヒメテントウは東京など身近にいるテントウですが、2ミリメートルと小さいため、虫好きな人にもあまり知られていないテントウです。

【分類】テントウムシ科/ヒメテントウ族/ホソヒメテントウ属
【見かける頻度】★★★☆☆
【見分けるポイント】大きさは2mm程度。よく見ると、お尻の方に赤い丸が二つある。

アトホシヒメテントウの生態

多くのテントウムシと同じく肉食性で、カイガラムシなどを食べる。中でも、柿やリンゴなど果樹の害虫であるオオワタコナカイガラムシを食べるため、アトホシヒメテントウは益虫である。冬は枯れ葉の中やケヤキなど樹皮の裏にいる。

アトホシヒメテントウの写真

アトホシヒメテントウ
アトホシヒメテントウ(山梨県韮崎市)
アトホシヒメテントウの写真
アトホシヒメテントウ(山梨県韮崎市)
アトホシヒメテントウ
アトホシヒメテントウは一目では黒っぽく見え、アカホシは目立たない
スポンサーリンク
お子様に図鑑を贈るなら「くらべてわかる」シリーズがおすすめです↓