アメイロカミキリ

アメイロカミキリ

見かける頻度

★★★☆☆

分類

カミキリムシ科/カミキリ亜科/ヒメカミキリ族/アメイロカミキリ属

体長

7〜11mm

見かける時期

5〜7月
アメイリロカミキリ

アメイロカミキリの分布

本州〜九州

アメイロカミキリの特徴

体全体が光沢のある褐色で、これを昔の人は飴色と喩えた。脚が長い。脚の中間部分(腿節の脛節側半分)が黒く膨らんでいるのが特徴。触角の第一節は黒い。

アメイロカミキリとトビイロカミキリの違い

両種は形が似ているが、脚と触覚がすべて黒いのがトビイロカミキリ、部分的に黒いのがアメイリロカミキリである。

アメイロカミキリの生態

梅雨前から梅雨明けまで、クリの花に集まっているのを見かけることが多い。ブナやケヤキにも集まる。

アメイロカミキリの写真

アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイリロカミキリ
アメイロカミキリ
アメイロカミキリ
アメイロカミキリ
アメイロカミキリ