マダラコガシラミズムシ〜あまり知られぬ絶滅危惧種

マダラコガシラミズムシ〜あまり知られぬ絶滅危惧種
2020年8月1日

マダラコガシラミズムシ〜あまり知られぬ絶滅危惧種

あまり知られていませんが、環境省レッドカテゴリの準絶滅危惧(NT)(絶滅危惧Ⅱ類(VU))に指定されています。また、東京や千葉など都道府県レッドデータでは、絶滅危惧Ⅰ類に指定されており、ゲンゴロウと同じく農薬や除草剤などの水質悪化や里の減少で数を大幅に減らしているようです。

マダラ模様が特徴

大きさは米粒くらいです。上翅同士のつなぎ目沿いに黒く太い模様があるのが、その周辺が黒のまだら模様となりますが、そのまだら具合には個体差があります。

湧き水が混じるような田舎の自然池や水草の多いため池、水田などに生息し、幼虫は水草(シャジクモ類など)から栄養分を吸い、成虫は灯火にも飛来します。

 

マダラコガシラミズムシ
マダラコガシラミズムシ
マダラコガシラミズムシ
マダラコガシラミズムシ
マダラコガシラミズムシ
マダラコガシラミズムシ
マダラコガシラミズムシ
マダラコガシラミズムシ
マダラコガシラミズムシのお腹
マダラコガシラミズムシのお腹