鳥図鑑

ウグイス

ウグイスとは? 【分類】スズメ目/ウグイス科/ウグイス属 【見かける頻度】★★★☆☆ 【鳴き声】ホーホケキョ(さえずり)、ケッキョケッキョケッキョ(谷渡り) 【生息地】全国(留鳥) ウグイスの特徴 くちばしと尾がやや長く、くちばしの根元から目の上うしろにかけて、薄く白い模様がある。山梨県と福岡県の県鳥。警戒心は強く、姿を見かけやすい春先でもせわしなく茂みや低木を動き回るため、じっと観察するのはまず …

鳥図鑑

ヤマガラ〜オレンジが色鮮やかな日本の野鳥

【分類:スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属】 【見かける頻度:★★★★☆】 【鳴き声:「ニーニー」「チッチッ」(地鳴き)、「ツッツッピー」】 全長13〜15cm。山にいるため、ヤマガラと言われる。   ヤマガラの生態、種類、写真 山沿いで見かけることが多いスズメくらいの大きさの鳥。シジュウカラなどと混群を作ることもある。 昆虫や木の実、果実を食べる雑食性。胸のオレンジ色がきれいな鳥で、 …

鳥図鑑

ベニマシコ

【スズメ目/アトリ科/ベコマシコ属】 【見かける頻度:★★☆☆☆】 【鳴き声:「フィッフィッ」「フィー、フィー」(地鳴き)、「チリチィチョ」(さえずり)】 全長15cm。オスは淡い赤い色をしているので飛んでいると少し目を引く。北日本は留鳥、本州、四国、九州では冬鳥。北海道、青森県下北半島では夏に繁殖し、冬は本州以南に移動して越冬する。 また、都道府県によっては、レッドリストに掲載されている(たとえ …

鳥図鑑

エナガ

【スズメ目/エナガ科/エナガ属】 【見かける頻度:★★★⭐︎☆】 【鳴き声:「ジュリジュリ」「チーチー」】 エナガの生態、種類、写真   エナガは全長14センチだが、尾が体の半分ほどと長いため、実際には体は小さい。少し田舎の雑木林や公園などでよく見かける。冬には枝のつぼみや冬眠している小さな虫を食べる。 東京の特定の地区などは、環境省のレッドリスト、準絶滅危惧(NT)に指定 …

鳥図鑑

アトリ

アトリの特徴、生態 【スズメ目/アトリ科/アトリ属】 【見かける頻度:★★☆☆☆】 【鳴き声:「チューン」「キョ、キョ、キョ」、(春先に)「ビー」「ジュイー」「ビーン」】 秋にシベリアから大群で日本全国にやってくる渡り鳥(冬鳥)。夏は顔全体が黒くなる。漢字は花鶏(アトリ)。 田舎の林、森林、里山で見られ、小さな群れで木の高い部分にいることが多い。またカワラヒワといっしょにいることもある。種子、花、 …

鳥図鑑

シジュウカラ

シジュウカラの特徴、生態 【スズメ目/シジュウカラ科/シジュウカラ属】 【見かける頻度:★★★★☆】 【鳴き声:「ジジジッ」「ジュウ」(地鳴き)、「ツィーピーツィピー」】 シジュウカラの名前の由来 地鳴きのジジ、ジュウからシジュウ、カラはコガラ、ヤマガラ同様カラ類から由来すると言われる。 シジュウカラの写真

鳥図鑑

ヒガラ〜小さくてかわいい日本の小鳥

ヒガラの生態、種類、写真 【スズメ目/シジュウカラ科/シジュウカラ属】 【見かける頻度:★★★★☆】 【鳴き声:「ピッチュン、ピッチュン、ピッチュン」「ツーピン、ツーピン、ツーピン」】 スズメ=シジュウカラ>コガラ>ヒガラの順で小さいので、カラ類の中で小さい鳥のひとつ。シジュウカラのように黒いネクタイはなく、左右の羽にそれぞれ2本ずつ白い筋模様がある(シジュウカラはそれぞれ1本ずつ)。

鳥図鑑

ミソサザイ〜日本で2番目に小さい野鳥。滅多に見かけることはない。

ミソサザイって? 【スズメ目/ミソサザイ科/ミソサザイ属】 【見かける頻度:★★☆☆☆】 【鳴き声:「チャッチャッ」(地鳴き)、「チリリリリ」、「ジジッ」】 ミソサザイの特徴・生態 キクイタダキに続き、日本で2番目に小さい野鳥。一羽か単独で生活・行動し、群れない。昆虫やクモ、小さなワームなどを食べる。めったに見かけない。 ミソサザイの写真

鳥図鑑

キクイタダキ〜日本で一番小さい鳥。黄色いちょんまげがエモい

キクイタダキとは? 【スズメ目/キクイタダキ科/キクイタダキ属】 【見かける頻度:★★☆☆☆】 【鳴き声:「ツツツティー、ツィ、ツィ」】 キクイタダキの特徴 日本最小の鳥。頭に黄色いちょんまげ(冠羽)。これを菊に見立て「菊をいただく」の意味でキクイタダキと命名された。 キクイタダキの生態 おもに針葉樹(しんようじゅ)、モミやヒノキなどの木の枝の間をせわしなく動きながら、ときどきハチドリのようにホバ …

よみもの

よく見かける身近な鳥の代表、ヒヨドリ、ツグミ、ムクドリの見分け方・区別

冬などに住宅地の庭先や公園でよく見かける鳥だけど、スズメではなさそう。「あの鳥、なに?」と聞かれても、この3つの鳥を覚えておくだけで、正しく答えられる確率がアップします。 よく見かける身近な鳥の代表、ヒヨドリ、ツグミ、ムクドリの区別 見分けのポイント:ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミは、スズメと比べると体の大きさは一回り大きい(写真左はツグミ)。

鳥図鑑

カケス・ミヤマカケス

カケスとは? 【分類】:スズメ目/カラス科/カケス属 【見かける頻度】:★★☆☆☆ 【鳴き声】:「ガーガー、ジェージェー」、喉元で「くるぅくるぅくっくー」 カケスの特徴 尾が長く全長は33cm程度。頭はホシガラスの体のような黒と白のまだら模様、喉元は白猫のようにふわふわした毛並み、目の下はハヤブサのような黒斑、体には茶のグラデーションが広がり、羽には青色メタリック調のアクセントがくさびのようにデザ …

鳥図鑑

メジロ

メジロとは? 【分類】:スズメ目/メジロ科/メジロ属 【見かける頻度】:★★★☆☆ 【鳴き声】:チー、チー(地鳴き) メジロの特徴、見た目 目の周りが白いのでメジロ。人をあまり気にせず、低く木を渡り歩くように移動する。大きさはスズメより少し小さいくらいで、2羽で仲良く交互に進みながら移動していることが多い。 メジロの生態・生息地 つばきなどの花の蜜を吸うため、鹿児島県などでは「ハナスイ」とも呼ばれ …