テントウムシ図鑑

ダンダラテントウ

コウチュウ目/カブトムシ亜目/テントウムシ科/テントウムシ族/ダンダラテントウ 見かける頻度 ★★☆☆☆ サイズ 6mm前後 分布 本州〜九州 ダンダラテントウの特徴・生態 黒色の背中に独特の模様が広がる。 赤いギザギザした模様が入っている個体、赤い大きな斑点がある個体、黒い背中の頭の方の隅に少し赤い切れ込み模様が入っている個体などさまざまだが、ナミテントウやナナホシテントウの模様をある程度見慣れ …

テントウムシ図鑑

ヒメアカホシテントウ

コウチュウ目/カブトムシ亜目/テントウムシ科/クチビルテントウムシ亜科/ヒメアカホシテントウ 見かける頻度 ★★★☆☆ サイズ 4mm前後 分布 北海道〜九州 ヒメアカホシテントウの特徴・生態 アカホシテントウと一緒の木に見られることが多い。カイガラムシを捕食する。 境目のはっきりとした小ぶりの赤星(円紋)が二つある。左右の円紋の大きさが違うことも珍しくない。 公園のドングリの木やクヌギなどの、葉 …

テントウムシ図鑑

アカホシテントウ

コウチュウ目/カブトムシ亜目/テントウムシ科/クチビルテントウムシ亜科/アカホシテントウ 見かける頻度 ★★★☆☆ サイズ 6〜7mm程度 分布 北海道・本州・四国・九州 アカホシテントウの特徴・生態 アカホシといっても明瞭な斑紋があるわけではなく、境目のないうっすらした赤い光のような模様。 クヌギやコナラなどにいるカイガラムシ類を食べる。 公園のドングリの木などの、葉っぱの裏にじっとしている。網 …

テントウムシ図鑑

テントウムシ(ナミテントウ)

コウチュウ目/テントウムシ科/テントウムシ亜科/テントウムシ族/ナミテントウ 見かける頻度 ★★★★★ サイズ 数mm – 1cm程度 分布 全国 ナミテントウの特徴 いわゆるテントウムシのこと。模様は数十種類もあり、かなり多様。たとえば以下。 黒い個体 オレンジ・赤色の個体 黒い背中に赤い星が4つ(4紋型) 黒い背中に赤い星が2つ(2紋型) 黒い背中に赤い星がたくさん(まだら型) 赤 …

テントウムシ図鑑

ナナホシテントウ

コウチュウ目/カブトムシ亜目/ヒラタムシ上科/テントウムシ科/テントウムシ亜科/テントウムシ族/ナナホシテントウ 見かける頻度 ★★★★★ サイズ 数mm-1cm程度 分布 全国   ナナホシテントウの特徴 よく見かけるテントウムシ。目のようにみえる白い部分は目ではなく、その口側にある小さな黒い部分が目。アブラムシを食べる肉食の昆虫。 足の裏にブラシみたいな毛が密に生えた部分が2カ所ある …

コミスジ〜鳥でいえばヒヨドリみたいに飛ぶチョウ

分類 チョウ目/アゲハチョウ上科/タテハチョウ科/イチモンジチョウ亜科/ミスジチョウ属 見かける頻度 ★★★★☆ 体長 2.2〜3cm前後(前翅長) 見かける時期 4〜10月(成虫) 生息地 北海道・本州・四国・九州 コミスジの生態・特徴 チョウや鳥はその種類によって飛び方にクセがある。コミスジは鳥でいうとヒヨドリみたいに、省エネで飛ぶ。少しの羽ばたきで長く滑空するように飛び、見ているとなんとも気 …

サトキマダラヒカゲ

分類 チョウ目/アゲハチョウ上科/タテハチョウ科/ジャノメチョウ亜科/マネシヒカゲ族/キマダラヒカゲ属 見かける頻度 ★★★★☆ 体長 2.5-4cm前後(前翅長) 見かける時期 5〜9月(成虫) 生息地 北海道・本州・四国・九州 ヤマトシジミの生態・特徴 樹液や落下した果実などを好む。森林や山地からつながる林などで見られ、コケの多い地面や木の幹にとまっていることが多い。しかし、人が近づくとすぐに …

ヤマトシジミ

分類 チョウ目/アゲハチョウ上科/シジミチョウ科/ヒメシジミ亜科 見かける頻度 ★★★★★ 体長 1-1.5cm前後(前翅長) 見かける時期 4〜11月(成虫) 生息地 本州・四国・九州・沖縄 ヤマトシジミの生態・特徴 公園や林、雑木林、草原、人家、河川などで普通に見かける種。食草はカタバミという植物なので、この植物が生えている場所で見られる。 メスはオスよりも暗い青色をしている。 ルリシジミと混 …

ベニシジミ

分類 チョウ目/アゲハチョウ上科/シジミチョウ科/ベニシジミ亜科/ベニシジミ属 見かける頻度 ★★★★☆ 体長 1.5cm前後(前翅長) 見かける時期 3〜11月(成虫) 生息地 北海道・本州・四国・九州 ベニシジミの生態・特徴 公園や林、雑木林、草原、人家、河川などで普通に見かける種で、春先に花にとまっている姿を見かけることも多い。花はタンポポやヒメジオン、ヘビイチゴなどの雑草や各種ハーブにも集 …

スジボソヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウの分類 昆虫綱/チョウ目/アゲハチョウ上科/シロチョウ科/モンキチョウ亜科/ヤマキチョウ属 見かける頻度 ★★★☆☆ 見かける時期 ほぼ一年中(成虫で越冬) スジボソヤマキチョウの夏眠 春、蛹から羽化してしばらく活動し、真夏は休眠状態に入ってしまうチョウがいて、これを夏眠という。暑さを省エネで乗り越えるためと考えれている。 スジボソヤマキチョウやヤマキチョウは夏眠を行う種。秋に …

ヤマキチョウとスジボソヤマキチョウの見分け方

ヤマキチョウとスジボソヤマキチョウの見分け方はいくつかありますが、以下が一番見分けやすいポイントです。 ヤマキチョウは前翅表面に褐色の縁がある(スジボソヤマキチョウは褐色斑のみで褐色の縁はない) スジボソヤマキチョウの後翅の下部分に明瞭な突起があるが、ヤマキチョウにはスジボソヤマキチョウほどの明確な突起はない。 スジボソヤマキチョウの前翅裏の斑は細長く、そら豆状・勾玉状だが、ヤマキチョウのそれは丸 …

オオムラサキ〜日本の国蝶

分類 チョウ目/アゲハチョウ上科/タテハチョウ科/コムラサキ亜科/オオムラサキ属 見かける頻度 ★★☆☆☆ 分布 北海道・本州・四国・九州 大きさ 50〜55mm(前翅長) 特徴・生態 国蝶。国内のタテハチョウ科で最大級。メスの方がオスより大きい。いわゆるオオムラサキとして知られる青紫色の蝶はオス。メスはオスに比べて青紫の部分がなく全体的に茶色味が増し地味。 都市部では雑木林や里山の減少で個体数が …